体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUS、通話にも対応した7インチAndroidタブレット「Fonepad」およびキードックと合体できるスマホ「Padfone Infinity」を発表


FonepadとPadfone Infinityを発表!
ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は25日、2013年2月25日(月)からスペイン・バルセロナで開催される世界最大級の携帯電話・通信関連イベント「Mobile World Congress 2013(MWC2013)」にてプレスカンファレンスを開催し、音声通話にも対応した7インチサイズのAndroidタブレット「Fonepad」およびキードックと合体できるAndroidスマートフォン「Padfone」の次世代モデル「Padfone Infinty」の2機種を発表しています。

Fonepadは、SIMロックフリーモデルを2013年3月からアジアで249ドルで販売予定とのこと。また、Padfone Infinityは現在販売中の「Padfone 2」の後継機種で、キードック側のディスプレイがフルHD(1080p)に対応しており、2013年4月に欧州で出荷予定で、市場予想価格が999ドルということです。

登壇したASUS会長のジョニーシー氏は「ASUS は、ここ数年、次々エキサイティングなアイデアを実現してきました。新しいユビキタス・クラウ
ド・コンピューティングの時代では、オープンでバランスのとれたアーキテクチャが、最高のソリューションを提供できると信じています。」とコメントしています。

◯Fonepad
Fonepadは、3G 通話やデータ通信を備えた多彩な 7 インチタブレットで、スマートフォンの全機能を併せ持つリーズナブルなモデルです。プラットフォームは、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)を採用しています。

スペックとしては、7インチWXGA(1280×800ドット)IPS液晶や1.2GHz駆動のCPUを内蔵したIntel製「Atom Z2420」、1GB内蔵メモリー(RAM)、8GBもしくは16GB内蔵ストレージ(ROM)、microSD/microSDHCカードスロット(最大32GB)、microSIMスロット、120万画素CMOSインカメラ、4,270mAhリチウムポリマーバッテリーなどとなっています。また、一部モデルでは、300万画素CMOSアウトカメラも搭載されるということです。

サイズは、大きさが196.4×120.1×10.4mm、質量が340g。通信方式は、GSM/GPRS/EDGE(850/900/1900/2100MHz)およびW-CDMA(850/900/1800/1900/2100MHz)に対応しており、モデムにはIntel製「XMM6265」が採用されています。

この他、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 3.0のワイヤレス接続機能、microUSB(OTG対応)、3.5mmイヤホンマイクジャックの外部接続機能、GPS、電子コンパス、加速度センサー、近接センサー、照度センサーなどを搭載しています。

02 03 04 05
1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。