ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もし自分の彼氏が“AKBヲタ”だったら、独女はどう思う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メンバーの恋愛スキャンダルや卒業、そして年に1度の総選挙など、今やAKB48といえば、いくら興味がなくとも日本人である以上、その動向を“気が付くと知ってしまう存在”だ。彼女たちはまさに正真正銘の国民的アイドルといっていい。
そんな中、筆者はAKBにハマっているという男性のA氏(37歳)より、とある悩みを打ち明けられた。

「『AKBが好き』ということを彼女に話せない。バレたら、絶対ドン引きされるから……」
国民的アイドルでありながら、彼女たちを好きということをカミングアウトできないというのだ。もしかしたら世のAKBファンの男性は、Aさんのように「女性はわかってもらえない」というジレンマを抱えている人はけっこういるのかもしれない。

しかしそれ以前に、独女はAKBについてどう考えているのか、という疑問もある。本当にAKBファンが考えているほど、独女は彼女たちが嫌いなのか? そこで独女11人にアンケートをとってみたところ、以下のような結果になった。

好き・興味はある人…3人
どうでもいい、興味ない…4人
嫌い…4人

見事な賛否両論。とりあえずはっきりしたのは、全員が満場一致で「嫌い」というわけではないということだ。
「好き」と答えた31歳の女性は「明るくてキラキラしていて好感が持てる。もし彼氏がAKBファンでも、周りへの配慮を欠かさない範囲で楽しむ分にはいいのでは?」と語る。ただし「あまりにも熱心で、自分をないがしろにするようなら受け入れられないかも」とも。

一方「篠田麻里子ファンだと言っているし、握手会の話もしていたから程度はわからないけど、たぶんそう(AKBヲタ)かと……」と語るのは38歳の女性。いまいちカミングアウトしてくれない彼氏に対し「多少は理解しようとするので、隠さないで欲しい」と訴える。

次にAKBを「嫌い」と断言する独女の意見もみてみよう。
「AKBに限らず、彼氏がアイドルヲタだったら別れたくなる」(22歳)
「彼氏がAKBヲタだったら、浮気をしているのと同じくらいのレベルで嫌だ。別れが頭をよぎる」(21歳)
「とにかく大嫌い! あんなのにお金使うのは捨てているのと同じ。別れます」(28歳)

とにかく全体的にかなり辛辣なものが目立った。おそらく世のAKBファン男性が懸念する「もし彼女にAKBヲタだったことがバレたら、こんな悲劇が待っている」というまさにその通りの反応がここに集結されている気がする。自分の彼女にここまで毛嫌いされたら、もはや別れるしかないのか?

そこで当コラムで執筆する一方、AKB48の取材を数多く担当しているライターのパンチ広沢さんに「自分の彼女にAKBの魅力を分かってもらう方法はあるか?」と尋ねてみた。

「やはり一番は“一緒に楽しむ”ことでしょうね。そのためには、まず彼の推しメンを彼女が好きになるように説明するといいと思います。“巨乳だから”とか“太ももがムチムチで”とか女性が引きそうなワードはひとまず押さえて、とにかく好きなサッカー選手や野球選手の魅力を伝えるような感覚で話してみたらどうでしょう。そこで興味を持ってもらえたらしめたものです」

ちなみにパンチさんによると、AKBのコンサートのおけるファンの男女比はなんと「男性7割で女性3割」だとか。AKBを男性と一緒に楽しむ女性ファンは思いのほか多いのだ。

「板野(友美)、河西(智美)、仁藤(萌乃)というAKB48の黎明期を支えてきたメンバーが卒業を発表し、一方でまゆゆ(渡辺麻友)やぱるる(島崎遥香)が中心メンバーになっています。AKBの新時代が始まろうとしている今だからこそ注目しておくべきだと思いますよ」(パンチ広沢さん)

女性は男性とは違い、同性のアイドルを「カワイイ」と応援したくなる心理は持ち合わせている。もちろん無理に好きになる必要はないと思うが、もし彼氏が好きだった場合は毛嫌いせずにだまされたと思って一度は一緒に楽しんでみてはどうだろう? 案外ハマってしまい、新たな共通の趣味となるかもしれない(橋口まどか)

【誤解していた男の恋愛観は?】独女通信の記事企画用アンケートにご協力ください

外部サイト

もし自分の彼氏が“AKBヲタ”だったら、独女はどう思う?
気をつけて!30代独女のその言葉、ドン引きされてます
【オトナ女子映画部】嫌いな相手ほど絆は深まり、大好きな相手ほど家族には向いていない?『かぞくはじめました』

(http://news.livedoor.com/article/detail/7451150/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP