ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

節約アドバイザー 「携帯見直しキャンペーン多い春は狙い目」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新生活がスタートする春、携帯電話を買い替えたり、プランの見直しをする人も多いだろう。そこで節約アドバイザーの丸山晴美さんに、上手に節約につなげられるポイントなどを聞いた。

「進学や進級をきっかけに、携帯電話をねだるお子さんもいるでしょう。しかし毎月かかる携帯電話の通信費は、ずしりと家計の負担になります。だからこそ“家族で協力”して、節約するのがポイントです。取り組まれているご家庭も多いと思いますが、まず家族でキャリアを統一させるのは、基本です。

 家族まとまった契約で、毎月の基本使用料や通話料が割引になりますし、特に春は学生向けの割引きを軸に、学生の家族を含めて基本料金が安くなるキャンペーンが各社であり、月々の支出を絞るチャンスです。『誰のキャリアに合わせるか』を話し合いながら、契約プランを見直す。またそうした時に、お子さんと携帯電話の使用マナーやルールも話すチャンスにしたいですね」

 大手3社の“学生+家族”のキャンペーンを見てみると、まずauは学生向けに「3つのゼロ」を展開。その内容は、学生の月額基本使用料980円は最大36か月間0円、家族もMNPで加入すれば3年間月額基本使用料は3年間0円、au同士の国内通話料も1時~21時は0円という3つの「0円」だ。スマホのパケット定額上限額も月525円割引となり、iPhone5なら月5775円から使うことができる。

 ソフトバンクモバイルは「ホワイト学割with家族2013」で、新規契約や機種変更をした学生やMNPをした家族は、3年間ホワイトプラン基本使用料980円が無料になる。こちらにもau同様にパケット定額上限額で月525円割引があり、iPhone5ならauと同額の月5775円で使える。

 そしてここ数年、MNPでの契約者の流出が多いと報道されてきたdocomoが、巻き返しをはかっている。「応援学割2013」で月額基本使用料780円が最大37か月間0円、スマホのパケット定額の上限額が月1050円割引となり、スマホでも月々4200円から使える計算だ。

 また特徴的なのは、過去に学割を受けた学生も利用可能、さらに「学生家族いっしょ割」で新規契約した家族も同じ割引を受けられるなど適用対象が広く、おトクなプランの恩恵を受けやすい枠組みになっている。他社に比べ“安さ”を前面に押し出すことがなかったため、高いイメージのあったdocomoだが、月ごとの割引金額・期間・適用範囲など、価格面でも存在感を高めている印象が強い。

「スマホを使う場合、契約は安い通信プランにして日頃のネット使用はWi-Fiを使うなどの工夫もできます。またdocomoでは、料金を『NTTグループカード』で支払って、『おまとめキャッシュバックコース』を選択した場合、その他の利用も合わせて、利用金額が2万~4万円未満で、1.5%のキャッシュバックがあります。

 一部対象にならない支払いもあるので注意が必要ですが、月間のカード利用金額が多くなれば、通信・通話料のキャッシュバック率も高くなるので、年間ではまとまった金額になりますよ。そうした契約や支払い条件によって、料金表の割引き額以外にも、おトクにできる方法があることも。一家に1回線の時代から、1人1台という携帯電話の登場で、家計に占める通信費の割合は増えました。2台持ちをすることもある今は、料金プランや支払い方法をよく考えたいですね」(丸山さん)



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スマホ 2台持ちなら「ドコモ携帯電話+iPhone4」がオススメ
Android派 Androidの利点とiPhoneのデメリットを語る
スマホ所有者 スマートなのは端末ばかり…半数は持ち腐れ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP