体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“SMARTPHONE IS MEDIAS”を目指すNECカシオの春モデルについて色々考えてみた【コラム】

デジタル・IT


これぞスマートフォンと呼ばれるモノを。
NECカシオモバイルコミュケーションズは19日、今春にNTTドコモ向けに投入する新スマートフォン2機種の商品説明会を都内で開催しました。

今春投入するのは「MEDIAS X N-04E」と、「MEDIAS W N-05E」で、特に後者は2つの液晶を持つ、ある意味で“キワモノ”な端末にも見えるため、ひときわ注目を集めているところです。実はこれ、昨年のMobile World CongressやNECカシオの商品説明会でモックアップ展示されていたコンセプトモデルを本当に商品化したものなのです。

最近は、サムスン電子の「GALAXY」、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」、そして富士通の「ARROWS」に押されて、ある意味目立たない「MEDIAS」。NECカシオはこれら2機種に加えて、昨冬モデルとして投入した「MEDIAS U N-02E」と合わせて3機種で春商戦を戦っていきます。強敵がひしめく中、NECカシオはこれらの機種で何を訴求していくのでしょうか。説明会のレポートを交えながら考えていきます。

■「MEDIAS」が目指すブランド

“SMARTPHONE IS MEDIAS”を目指すNECカシオの春モデルについて色々考えてみた【コラム】

MEDIASの意味を改めて考える
NECカシオが「MEDIAS」を冠するスマートフォンを出したのは2011年3月。「MEDIAS N-04C」が初のモデルでした。当時としては世界最薄なスマートフォンでありながら、国内市場において重要視される「三種の神器」(おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信)を搭載していて、かなりカッティングエッジなモデルだったことは、実際に購入して使っていた自分も強く感じていました。

しかし、冒頭にも書いた通り、GALAXY、Xperia、ARROWSといった競合ブランドと比較すると、そのブランドは埋没気味で、ちょっと元気がないように感じられます

“SMARTPHONE IS MEDIAS”を目指すNECカシオの春モデルについて色々考えてみた【コラム】

商品企画部長の伴氏
昨冬・今春モデルの概要を説明した商品企画部長の伴宏和氏は、「スマートフォンと言って一般ユーザーが思い浮かべるのは『iPhone』、『GALAXY』、『Xperia』といったところである」とした上で、そんな中でも「MEDIASの物作りへの思いは他社には負けていないと」し、それを訴求するために出てきたのが、一見すると挑発的な“SMARTPHONE IS MEDIAS”というメッセージなのです。

1 2 3 4 5 6次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会