体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画でわかるスマホ&タブレット:第7回 本体以外の場所にもデータを保存しよう「外部ストレージ」


漫画でわかるスマートフォン!
スマートフォン(以下、スマホ)やタブレットなどを使っていく上で、ヘルプや取扱説明書に記載されている用語にもよくわからないもの、知っておくと会話の種になるような豆知識などを4コマ漫画付きで紹介する特集「漫画でわかるスマホ&タブレット」。

第7回目の今回は、写真や音楽、動画、そしてアプリの保存などに関わる「外部ストレージ」を紹介します。果たしてどんな漫画になるのか!?

4koma_06

■ストレージってなに?
そもそも「ストレージ」って何のこと?という人もいるでしょう。あまり一般的ではない言葉ですが、簡単にいうとデータやプログラムを保存する記憶装置のことです。従来タイプのケータイだと「データボックス」や「データフォルダ」といえばピンとくる人も多いでしょう。

スマホやタブレットにおいては、内部ストレージと外部ストレージという呼び方が存在しますが、内部ストレージは本体に搭載された記憶装置を指し、外部ストレージはmicroSDカードなどのメディアのことを指すのが一般的です。

ちなみに「Dropbox」や「Googleドライブ」、「SkyDrive」といった、Web上にデータを保存するサービスを「クラウドストレージサービス」といいます。スマホから見れば内部ストレージを利用していないのでこのクラウドストレージも外部ストレージの扱いになり、内部ストレージに保存しているデータをクラウドストレージにアップロードしたり、クラウドストレージからデータをダウンロードして内部ストレージに保存したりと、microSDカードと同様の事がインターネットを介して行えます。

ただし、クラウドストレージはあくまでサービスを利用するのに対し、外部ストレージは外付けの記憶装置を自分で調達して利用するという違いがあり、また、クラウドストレージを外部ストレージと呼ぶのはあまり一般的ではありません。

■外部ストレージを使ってみよう
スマホやタブレットに限って言えばもはや外部ストレージ=microSDカードでしかないですが、スマホやタブレット側から見ればパソコンとデータを同期してパソコンのハードディスクにデータを転送(バックアップ)をすることもできるので、パソコン自体(厳密にはパソコンのハードディスク)も外部ストレージになります。

iPhone」や「iPad」などは、32GBモデル、64GBモデルといった具合に内部ストレージの容量別に製品が用意されています。microSDには非対応なので、外部ストレージはないという認識になりますが、パソコンに接続してiTunesと同期させることで、パソコンにデータを転送したり、パソコンからデータを受け取ったりできるので、パソコンが外部ストレージの役割を果たしています。

さらに「iCloud」はアップルが提供するクラウドストレージサービスで、先に紹介したDropboxなどと同様にインターネットを介してデータの保存ができる場所です。

Androidにおいては、現状はmicroSDカードが広く採用されています。逆に内部ストレージは機種によりかなり違いがあり、本体に保存できる容量が極端に少ないものから、64GBを備えるものまであります。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy