ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魔法のシートを納得いくまで検証 今度は「HTC J ISW13HT」にダブル貼り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

魔法のシートを再々検証 くたびれ過ぎたARROWS Xにダブル貼り」で、既存のバッテリー消費の大きい初代のARROWS Xで「BATTERY POWER+」(バッテリーパワープラス)の検証を実施した結果を紹介した。

バッテリーの持ちは同一条件でテストしても、利用環境、機種によっても変動があることは既知の通りだ。そこでより多くの機種で「納得できるまで続けてみよう」ということで引き続き検証を行っていくことにした。今回は、WiMAX回線を使用する人気機種「HTC J ISW13HT」でのダブル貼りだ。

■バッテリー容量だけでは判断できないバッテリー消費
今回の検証に選んだスマートフォンはauから2012年5月に発売されたHTC社が日本向けに開発し、乃木坂46のCMでも話題となったHTC J ISW13HTだ。人気機種だったという点、発売されてからそろそろ1年が経過しようかという点、そして消費電力の大きいモバイルブロードバンド通信 WiMAXに対応している点から選択した。

まず、バッテリーにおいては、前回検証に利用した「ARROWS X LTE F-05D」が1400mAh、今回のHTC J ISW13HTが1810mAhと容量は大きくなっているが、最新モデルはほぼ2000mAhを超えてきているので、最新機種に比べてバッテリー持ちで物足りないと感じているユーザーも多いだろう。

さらに、HTC J ISW13HT は、3G通信に加えWiMAX通信も可能だ。この機種を選ぶ理由に高速なWiMAX通信を利用したかったからというユーザーは少なくないだろう。通信速度においては、WiMAXを利用することで、それまでの3Gのみの機種よりも快適なインターネット利用ができるが、それと引き換えにバッテリー消費も激しくなるという悩みもある。

いくつもの通信を有効にして利用することで通信できるエリアが広がる反面、バッテリーの消費は大きくなる。さらにWiMAXのエリアが3Gほど広範囲ではないことから、WiMAX圏外や弱電界エリアに入ってしまうとバッテリー消費はさらに激しくなる傾向がある。

また、1年も経過してくるとバッテリー自体のくたびれ具合も相当なものになってくる。といったさまざまな理由から検証するにはうってつけの機種だろうと判断し、早速BATTERY POWER+を試してみた。

■本体側とバッテリーカバー側にもシートを貼る2枚貼り
今回の検証では、3G、WiMAXともにONの状態にして、ウィジェットはいくつか設置した状態、メールなど自動受信(Gmailの同期)も行っている。待機状態ではあるが、バックグラウンドで動くアプリがあり、自動同期など回線も通常の利用に近い状態で行った。

ちなみに前回のARROWS X LTE同様、電波環境はやや不安定な場所を確保して検証を行っている。待機状態でもバックグランド同期、回線検索などが行われるため、バッテリー消費は、やや速い環境での検証となる。


本体側のバッテリー装着面、とバッテリーカバーに1枚ずつシートを貼り付けた

■やっぱりバッテリーが減らない結果に!
まずフル充電から残り8%表示になるまでの時間を調べた。BATTERY POWER+を貼っていない状態で調べたところ23時間5分41秒という時間になった。WiMAX通信をオンにしたままの状態なので、HTC J ISW13HT はWiMAXスマートフォンとしては健闘しており、決して悪くない結果だ。

次にBATTERY POWER+をダブル貼りして100%まで充電、それから計測を開始したところ30時間11分35秒の時点で残り8%となった。その差は約7時間6分と計測誤差の範囲を超えている。

通信回線のトラフィック、データ同期量の変動も考えられるが、インストールアプリなど端末環境と設定は同じにしてある。今回のテストも待機状態での検証結果なので、移動中や就寝中など、電源は落とさずに持ち歩く利用が多いケースで効果が期待できるかもしれない。


BATTERY POWER+を貼っていない状態で調べたところ23時間5分41秒

BATTERY POWER+をダブル貼りして計測したところ30時間11分35秒となった

■モノは試しと買ってみることをおススメしたい
前回のARROWS X LTEでは6時間程度の差が出たが、今回は7時間ちょっと。これまで検証してきた機種同様、HTC J ISW13HTも待機利用ではシートの利用で検証結果に差がでた。

HTC J ISW13HTのバッテリーの放電がシャレにならないと嘆いている人は、2枚貼りを試してみることをおススメしたい。

■リニューアルした公式サイトの通販がお得らしい
なお、先月リニューアルしたばかりのBATTERY POWER+の公式サイトでは、直販も行っている。1枚880円、3枚セットでは2,640円で送料が無料、5枚セットでは4,400円で送料無料に加えさらにもう1枚プレゼントされる。


BATTERY POWER+の直販では1番人気の3枚セット
まとめて買うとお得なので、今回のように2枚貼りであれば、3枚セット、さらに家族や友人、同僚などを含め3台分で使う場合は5枚セットが最もお得だ。

[PR企画]

■製品名:BATTERY POWER+
■販売価格(税込):880円(1枚)
BATTERY POWER+(バッテリーパワープラス)

外部サイト

YouTubeもニコニコ動画も簡単録画!「チューブとニコニコ、録り放題3」が凄い
景気回復の実現は? 西村康稔内閣府副大臣がニコニコ生放送に出演
ロープロファイル対応グラボ  MSIより省スペースPC向けのRadeon HD 6450搭載グラボ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7449375/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP