ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

侍ジャパンの惨敗、みのもんたは「問題はコーチ陣?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TBS「みのもんたの朝ズバッ!」では、「大魔神」の愛称でもお馴染み、横浜ベイスターズやシアトル・マリナーズで活躍した野球解説者・佐々木主浩氏が出演。26日に行われた阪神との強化試合で、貧打に終わり0-1で敗れた侍ジャパンに苦言を呈した。

佐々木氏は「打線が打ててないですから。それと松田の盗塁のシーンですよね。0-0の場面で走るところじゃないです」と指摘。番組MC・みのもんたから「サインなんですか?」と訊かれると、「いやー、サインは出ないと思うんです。自分でいけると思って(盗塁に)いったと思うんですけど。場面を考えてしなきゃいけない」と述べた。

また、「打線のほうは、個々に任せるのではなくて、チームとして。例えば、“このピッチャーならどうやって打っていこう”って徹底したほうがいいですよね」と語った佐々木氏だが、ピッチャーについては「大丈夫です。ボールに対して、内海もそうですけど、真っ直ぐを見ても、ボールが指にかかってますし、涌井の変化球もきっちりコントロールできている」と太鼓判をおした。

すると、みのが冗談交じりに「問題はコーチ陣?」と質問。「とりあえずは打ってくれることを祈ってます」とうまく話題を逸らした佐々木氏だったが、「コーチ陣とは沢山話していると思いますが・・・」などと話を戻されると、「いや、全然。いやいや、大丈夫です」と、一瞬うろたえたような表情を見せつつ、その最後は「東尾さんはちゃんとやってますから大丈夫です」と返答した。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7449673/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP