体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「話、聞いてた!?」男子とのコミュニケーションの極意

生活・趣味
130225sinri.jpg

女同士ならニュアンスで伝わる気持ちも、男子に理解してもらおうとすると一苦労。今回は、そんな男子たちとコミュニケーションする時の極意をお伝えします!

○意外に繊細な男性の心

男子は、プライベートで女子から「話がある」と言われるとそわそわと緊張します。これが嬉しい緊張のこともあります。しかし、女子から「問い詰められる」「叱られる」と警戒してしまうこともじつは多くあります。
「自分は充分なことをできているか」と考えやすい男子にとって、女子の反応には敏感になるもの。女子が考えているよりも、否定されること・怒られることのダメージが大きいのです。
男子とコミュニケーションをとる時は、「あなたのことを怒っていませんよ」という雰囲気作りを心がけましょう。

○男子は共感が苦手な生き物

会話をしていて、女子は共感し合うことを大事にするのに対して、男子は結論を出すことを優先しがちです。聞いてほしい話の時は、「アドバイスがほしいわけではなくて、ただ聞いてほしい」と先に伝えてから話すといいでしょう。
そして、最後に必ず「ただ聞いてくれたこと」に感謝する言葉を伝えましょう。女子が満足していると確認できることが、男子にとっては重要なのです。

○気持ちの伝え方は「私はこう感じる」

事実と気持ちを混ぜて話すと、男子が理解しにくい場合があります。
そんな時は、「こういうことがあったという事実」、それについて「私はこう感じたという気持ち」を分ける話し方をすると伝わりやすくなるでしょう。

photo by Thinkstock/Getty Images
(恋愛セラピスト/大塚統子)

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会