ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:AcerがAndroidを搭載した21.5インチのタッチディスプレー『Smart Display DA220HQL』を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Acerがスペイン・バルセロナで開催中の『MWC 2013』の展示ブースにおいて、Androidを搭載したスマートタッチディスプレイ『Smart Display DA220HQL』を展示しているそうです。

『DA220HQL』はVAパネルを採用した21.5インチの液晶ディスプレーで、タッチパネルが搭載されており、Androidタブレットのように利用すること、キーボードやマウスを接続してAndroid PCとして利用することのほか、他のPCの外部ディスプレイとしても機能するそうです。可動式のスタンドを備えており、本体を寝かせて利用することもできます。

ディスプレーの解像度は1920×1080ピクセル、最大輝度は250nits。『MWC 2013』で展示されていた『DA220HQL』には、Android 4.1(Jelly Bean)が搭載されており、タブレット向けUIがそのまま表示されています。写真には表示されていませんが、Acer Ringも下部から起動できるようになっているそうです。スペック面は、TI OMAP 4428 1.0GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、Micro SD、USB×3、micro HDMI端子、DVI端子、Wi-Fi&Bluetooth、イーサネットポート、120万画素のフロントカメラを搭載。

『DA220HQL』は今年3月に欧州で発売される予定。価格は€399と言われています。
Source : Engadget



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDIがXperia Zベースのハイスペックモデルを発売する計画との報道
Mozilla、Android版「Firefox 20 Beta」をまもなくリリース、タブごとのプライベートブラウジング機能やトップ画面のカスタマイズに対応、システム要件の引き下げで対応機種がさらに拡大(更新:アップデートされました)
Sony Mobile、Firefox OSを搭載したXperiaスマートフォンを2014年にリリースする予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP