ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:Samsung、BYOD分野を狙ったAndroidベースの企業向けセキュリティソリューション『KNOX』を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungは2月25日、BYOD分野を狙った企業向けのセキュリティソリューション『KNOX』をスペイン・バルセロナで開催中の『MWC 2013』で発表しました。

『KNOX』は、BYOD(Bring your own device)「個人所有の携帯端末を会社の業務で活用」されるスマートフォンに企業がセキュアな業務環境を追加できるというソリューション。『Galaxy』スマートフォンに『KNOX』を導入すると、1台のスマートフォンに通常の個人用環境と業務利用のための環境を構築することができます。『KNOX』環境では、ストレージが個人用と分離されており、独自にアプリや端末設定を用意でき、業務で使うメールやアプリ、文書や画像などの業務データは個人環境から利用できないようになっています。

また、IT管理者が遠隔地から端末を制御することも可能。環境の切り替えは画面上のアイコンをタップすると即座に切替わるようになっています。
Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Android端末をWindows 8パソコンのマルチタッチリモコンに変えるAndroidアプリ「Windows 8 Controller」
Yahoo! Japanの公式Androidアプリがリニューアル
MWC 2013;ZTE、5.7インチ大画面スマートフォン「Grand Memo」を発表、Snapdragon 800プロセッサを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP