ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:ASUS、$249で音声通話も可能な7インチAndroid 4.1タブレット『Fonepad』を発表、2013年3月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ASUSは2月25日、同社がスペイン・バルセロナで開催した『MWC 2013』のプレスカンファレンスにおいて、音声通話も可能な7インチタブレット『Fonepad(ME371MG)』を発表しました。

『Fonepad』はAndroid 4.1(Jelly Bean)を搭載した画面サイズ7インチのポータブルタブレット。7インチクラスの『Galaxy Tab』3G版と同じく、2G/3G接続でデータ通信に加えて音声通話も可能で、米国では、『Nexus 7』3Gモデル($299)よりも安い$249(約2万3000円)という低価格設定が特徴となっています。

筐体はメタリック仕上げのストリームラインデザインを採用し、チタングレーとシャンパンゴールドの2色をラインアップ。ディスプレーは7インチ1280×800ピクセルのIPS液晶、プロセッサはIntel Atom Z2420 1.2GHz(シングルコア、2スレッド処理対応)、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB/16GB、micro SDカードも利用できます。また、ASUSのクラウドストレージ5GBが無料で提供されます。カメラは背面に300万画素CMOSと前面に120万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0に対応。通信方式はGSM/GPRS/EDGE、WCDMA/HSPA+ 21Mbpsに対応します。LTEには非対応です。また、GPS、A-GPS、GLONASSにも対応しています。欧州では、16GB・リアカメラなしのモデルも販売されます。価格は8GBモデルと同じく€219。発売時期は2013年3月。日本での発売予定は明らかにされていません。
Source : ASUS



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2013:ASUS、フルHD対応の「Padfone Infinity」を発表、2013年4月に発売予定
MWC 2013:Xperia Tablet Z Wi-Fi版の米国価格が判明、16GBモデルは$499(約46,000円)、32GBモデルは$599(約56,000円)
ソフトバンク、ARROWS A 201Fのソフトウェアアップデートを開始、緊急速報メールアプリの不具合改善、時刻がずれる事象やリブートする事象にも対処

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP