ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

P.A.WORKS制作の『true tears』『花咲くいろは』『TARI TARI』合同ライブが全国21館でライブビューイング上映決定!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


4月13日に開催するP.A.WORKS制作のアニメによるコラボイベント『true tears ×花咲くいろは × TARI TARI ジョイントフェスティバル』。好評につき既にチケットは完売しているのだが、全国21館でライブビューイング上映することが決定した。ライブビューイングとは、コンサートやライブなどの様子を会場と同時刻に生中継するイベントだ。ライブイベントは東京・神奈川・埼玉など、関東近郊で開催されることが多いので地方のファンには参加するハードルが高い。また、人気のコンサートはチケットが即日完売するなど、そもそも参加できる人数が限られている事が多い。こういった問題を解消するために、地方のファンも同じ時間を共有するライブビューイングイベントが最近注目を集めているのだ。

今回の合同ライブは舞浜アンフィシアターで開催され、ライブビューイングの会場は北海道から福岡までの21か所で行われる。会場チケットが入手できなかったファンもライブビューイングで楽しめるぞ!

作品紹介


true tears

絵本作家を目指す高校生「仲上眞一郎」は、両親を亡くし仲上家に引き取られてきた同じ高校に通う「湯浅比呂美」、そして両親の4人で暮らしている。眞一郎の母は、ある理由から比呂美につらく当たっていた。
ある日、眞一郎は学校の裏庭で、木に登って降りられなくなった少女「石動乃絵」と出会う。彼女は過去に起こったある出来事がきっかけで、涙が流せなくなったのだという。眞一郎は彼女との出会いをきっかけに比呂美、親友「野伏三代吉」、幼馴染み「安藤愛子」らとの関係や、自分自身との向き合い方に変化を生じさせていく。彼らはそれぞれに悩み、すべきことを模索し、成長していく。


花咲くいろは

突然の夜逃げ、突然の告白、そして突然の別れ――。
今までとは違う自分になりたかったという夢は、急に現実となりました。
私、松前緒花の平凡な日常は1日にしてドラマチックな展開を迎えたのです。
通い慣れた、それでいてあまり愛着のない街を出て、
話したことや会ったこともない祖母の元で暮らすのです。
大正浪漫あふれる温泉旅館・喜翆荘(きっすいそう)。
そこで出会う人たち。
花の芽が地上に出て新たな世界を知るように、
私も、今までとはまったく違う、新しい生活を始めます。
それは辛いことかもしれません。
でも、めげても、くじけても、泣きじゃくっても明日は来るんです。
だからこそ私は頑張りたいんです、そして輝きたいんです。
太陽に導かれるよう咲く花のように
いつか大輪の花を咲かせられるように……。


TARI TARI

ある日を境に音楽から離れた坂井和奏。
歌うことを諦めきれない宮本来夏。
親友のために力を貸す沖田紗羽。

笑ったり喧嘩したり泣いたり恋をしたり……。
ありふれた日常を送りつつ、少しずつ少しずつ前に進む少女達。
時には回り道をしながら、ひとりでは無理かもしれないけれど
親友がいればいつかきっと――。

和奏、来夏、紗和そして彼女たちの奏でるアンサンブルが、音楽の力が小さくもきらびやかな物語を紡ぎだす。

高校生最後の夏。
それは夢を諦めるには早すぎる季節。
江ノ島に響く歌声が今日も僕らを勇気付ける。

開催概要

『true tears ×花咲くいろは × TARI TARI ジョイントフェスティバル』
■会場 舞浜アンフィシアター http://www.maihama-amphitheater.jp/access/[リンク]
■開催日時 4 月13 日(土) 16:00 開場 17:00 開演予定
■出演者 <true tears> eufonius、結城アイラ
<花咲くいろは> nano.RIPE、スフィア、クラムボン
<TARI TARI> AiRI、白浜坂高校合唱部(高垣彩陽、瀬戸麻沙美、早見沙織、花江夏樹)ほか。
※登壇者は予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

『true tears×花咲くいろは×TARI TARI ジョイントフェスティバル
ライブビューイング』

開催日時 4 月13 日(土) 開演 17:00 ※開場時間は各劇場により異なります。
■チケット料金 ¥3500(税込)
■チケット購入方法 先行受付期間:3 月2 日(土) 12:00 ~ 3 月13 日(水)18:00
一般発売:3 月23 日(土) 10:00~
専用URL:http://eplus.jp/tht-LV/(携帯・PC 共通)[リンク]

■開催劇場全21館
【北海道】
ユナイテッド・シネマ札幌 (問)011-207-1110
http://www.unitedcinemas.jp/sapporo/index.html[リンク]
【宮城】
MOVIX 仙台 (問)022-304-3700
http://www.movix.co.jp/app/SMTT000000017_CALENDAR.html[リンク]
【東京】
新宿バルト9 (問)03-5369-4955
http://wald9.com/index.html[リンク]
シネマサンシャイン池袋 (問)03-3982-6388
http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/ikebukuro/[リンク]
MOVIX 亀有 (問)03-5629-7200
http://www.movix.co.jp/app/SMTT000000025_CALENDAR.html[リンク]
TOHO シネマズ府中(問)042-358-5001
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/012/TNPI2000J01.do[リンク]
【神奈川】
横浜ブルク13 (問)045-222-6222
http://burg13.com/index.html[リンク]
TOHO シネマズ川崎 (問)044-230-1122
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/010/TNPI2000J01.do
109 シネマズ湘南 (問)0466-34-0109
http://109cinemas.net/shonan/[リンク]
【千葉】
T・ジョイ蘇我 (問)043-209-3377
http://t-joy.net/site/soga/index.html[リンク]
【埼玉】
MOVIX さいたま (問)048-600-6300
http://www.movix.co.jp/app/SMTT000000022_CALENDAR.html[リンク]
【新潟】
T・ジョイ新潟万代 (問)025-242-1840
http://t-joy.net/site/bandai/index.html[リンク]
【富山】
南砺市城端伝統芸能会館 じょうはな座 (問)0763-62-5050
http://johanaza.city.nanto.toyama.jp/[リンク]
【静岡】
TOHO シネマズ浜松 (問)053-413-6666
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/004/TNPI2000J01.do[リンク]
【愛知】
109 シネマズ名古屋 (問)052-541-3109
http://www.109cinemas.net/nagoya/[リンク]
【大阪】
梅田ブルク7 (問)06-4795-7602
http://burg7.com/index.html[リンク]
TOHO シネマズなんば (問)06-6633-1040
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/032/TNPI2000J01.do[リンク]
【京都】
T・ジョイ京都 (問)075-692-2260
http://t-joy.net/site/kyoto/index.html[リンク]
【兵庫】
TOHO シネマズ西宮OS (問)0798-62-1040
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/064/TNPI2000J01.do[リンク]
【広島】
広島バルト11 (問)082-561-0600
http://wald11.com/index.html[リンク]
【福岡】
T・ジョイ博多 (問)092-413-5333
http://www.t-joy.net/site/hakata/index.html[リンク]

詳しい情報、または最新情報は下記の公式サイトから。

■公式サイト
true tears
http://www.truetears.jp/[リンク]

花咲くいろは
http://www.hanasakuiroha.jp/tv/index.html[リンク]

TARI TARI
http://taritari.jp/[リンク]

3作品合同ライブ専用公式サイト
http://infinitedayo.jp/portal/index.html

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP