体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【速報中】第85回アカデミー賞

 アメリカで映画製作に携わる俳優や監督など約6,000人から構成される「映画芸術科学アカデミー(AMPAS)」の会員によって、前年に公開された作品を対象に各賞を選定する「アカデミー賞」。

現在、85回目を迎える同賞の授賞式が開催中、MOVIE ENTERでは受賞結果を速報でお届けしている。

最優秀主演男優賞は『リンカーン』のダニエル・デイ=ルイスが獲得。史上初の3度目の主演男優賞となった。

「第85回アカデミー賞&第33回ゴールデンラズベリー賞」特集ページ

 日本時間1月10日に発表された候補作品では、スティーブン・スピルバーグ監督の『リンカーン』が作品賞、監督賞、主演男優賞など最多12部門でノミネート。候補数でこれに次ぐのが、アン・リー監督『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』で、作品賞、監督賞など11部門にノミネートされている。また『世界にひとつのプレイブック』が8部門、『ゼロ・ダーク・サーティ』が5部門とこれに続く。

全候補作と各受賞作品は以下のとおり(受賞作は印)

作品賞

・『リンカーン』(4月19日公開)
・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(公開中)
・『世界にひとつのプレイブック』(2月22日公開)
・『ゼロ・ダーク・サーティ』(2月15日公開)
・『アルゴ』(公開中)
・『レ・ミゼラブル』(公開中)
・『愛、アムール』(3月9日公開)
・『ハッシュパピー バスタブ島の少女』(4月公開予定)
・『ジャンゴ 繋がれざる者』(3月1日公開)

主演男優賞

★ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン
・ブラッドリー・クーパー 『世界にひとつのプレイブック
・ホアキン・フェニックス 『ザ・マスター』(3月22日公開)
・ヒュー・ジャックマン 『レ・ミゼラブル
・デンゼル・ワシントン 『フライト』(3月1日公開)

主演女優賞

★ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック
・ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ
・エマニュエル・リヴァ 『愛、アムール
・クヮヴェンジャネ・ウォレス 『ハッシュパピー バスタブ島の少女
・ナオミ・ワッツ 『インポッシブル

助演男優賞

・トミー・リー・ジョーンズ 『リンカーン
・ロバート・デ・ニーロ 『世界にひとつのプレイブック
・アラン・アーキン 『アルゴ
★クリストフ・ワルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者
・フィリップ・シーモア・ホフマン 『ザ・マスター

助演女優賞

・サリー・フィールド 『リンカーン
・ジャッキー・ウィーバー 『世界にひとつのプレイブック
★アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル
・エイミー・アダムス 『ザ・マスター
・ヘレン・ハント 『The Sessions(原題)』

監督賞

・スティーブン・スピルバーグ 『リンカーン
★アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
・デビッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック
・ミヒャエル・ハネケ 『愛、アムール
・ベン・ザイトリン 『ハッシュパピー バスタブ島の少女

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。