体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今回のパナソニックはいいぞ!5インチフルHD液晶やクアッドコアCPUなどスペック充分な「ELUGA X P-02E」の実力をベンチマークでチェック【レポート】


ELUGA X P-02Eのベンチマーク測定!
NTTドコモ「2013年春モデル」の中で、発表後早々の1月30日(土)に発売開始されたパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「ELUGA X P-02E」(以下、P-02E)は、この春のモデルとしては、「Xperia Z SO-02E」や「ARROWS X F-02E」など人気のハイスペックモデルに勝るとも劣らないほどのハイパフォーマンスモデルに仕上がっている。

パナソニック製のスマートフォンは、当初「LUMIX Phone(ルミックスフォン)」として、それまで従来型のケータイで人気だったカメラ機能を強く押し出した“LUMIXブランド”で展開するも、そもそもスマートフォン市場への参入が出遅れたうえに、その後、LUMIX Phoneから海外でのスマートフォンブランド「ELUGA(エルーガ)」にブランド名を変更するなどで、方向性が定まらないかつ、一般層への認知度も他社に比べ低いままきてしまったような印象が否めない。

しかし、これまでにパナソニックらしい便利な機能、カメラ機能など着々と開発を積み重ねてきており、ついにパナソニックスマホが花開こうと感じさせてくれるのがこのP-02Eといえる。

今回は、そのP-02Eでベンチマークアプリを用いてパフォーマンスの実力を試してみたので紹介する。

ベンチマークアプリは「Quadrant Standard Edtion」および「AnTuTu 安兎兎ベンチマーク」を利用して計測をおこなっています。それぞれ3回測定して平均値を出た。

02 03 04

Quadrant Standard Edtion

05 06 07

AnTuTu 安兎兎ベンチマーク

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。