ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横綱・日馬富士、「一日中、相撲のことを考えてると疲れちゃう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

23日放送、TBS「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」では、相撲界から第70代横綱・日馬富士が出演。意外な秘密を告白した。

昨年、2場所連続の全勝優勝を決めて、横綱昇進を果たした日馬富士。今年に入っても1月に全勝優勝を決めるなど、その勢いは留まることをしらない。だが、そんな日馬富士も、場所中は「相撲と離れたいので、一人でDVD観てます」、「一日中、相撲のことを考えてるんですけど、疲れちゃうんですよね」と、取組後の意外な過ごし方を明かした。

具体的には、「最近はドラマが多くて、『24』とかアクション映画とか。僕、趣味で絵も描くので油絵を」と、豪快な歴代横綱たちとは異なる一面をうかがわせた日馬富士。

その他にも、「幕内平均体重が155(kg)くらいなんですけど、僕は133(kg)。一番軽いんじゃないですか。昔は73(kg)くらい」と続けると、「今まで稽古がしんどいというより、食べることが一番しんどかったです。夜6時からちゃんこがはじまって食べるんですが、一番怖い先輩が隣に座って、今日お前はコレとコレとコレを全部食べろっていうんです」とも。「ごまかすことはできないです。口に入れて水で流してって。吐くことはOKです。吐くと胃が大きくなるっていうんです。6時からはじまって9時とか9時半まで。さすがに先輩も眠たくなってくるので、ごまかして(着物の)袖口に入れて」と、新人時代のエピソードを語った。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7440200/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP