ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragon端末向け省電力化アプリ「BatteryGuru」が一部の国内端末でも利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

QualcommのSnapdragonプロセッサ搭載端末向け省電力化アプリ「BatteryGuru」ですが、リリース当初は日本向けには提供されていませんでしたが、その後、利用できるようになっていました。BatteryGuruはAndroidアプリのバックグラウンドで通信の発生頻度を学習したスマートフォンユーザの利用パターンを合わせて制限を施すことで節電を図るアプリ。インストール後、数日間は学習モードと呼ばれる動作モードが実行され、ユーザの利用パターンの学習が行われます。その後、実際に制御が始まります。私の場合はインストール後2日で学習モードから抜け運用が始まりました。本番モードでは、過去24時間のうち、どれくらいBatterGuruが効果を発揮(通信を制限?)したのかをメーターで表示してくれます。数日利用した中で劇的にバッテリーの消費が減ったという印象は受けていませんが、かといって減りが早まったということもありませんでした。まだ様子見の状態です。BatteryGuru」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2013:Samsung、1TBのHDDを内蔵したAndroidセットトップボックス「HomeSync」を発表
MWC 2013:Samsung、Sペンによる手書き入力対応の8インチタブレット「Galaxy Note 8.0」を正式発表、3G版では音声通話機能もサポート
第85回アカデミー賞授賞式直前、Googleが過去の受賞作品を一律800円~で販売中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP