ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:Samsung、1TBのHDDを内蔵したAndroidセットトップボックス『HomeSync』を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungは現地時間2月24日、『MWC 2013』の開幕に先立ち『HomeSync』と呼ばれる家庭用のAndroid搭載セットトップボックスを発表しました。

『HomeSync』は、Jelly BeanベースのAndroid、1.7GHzデュアルコアプロセッサ、1GBのRAM、1TBのHDD、HDMI出力端子、ギガビットイーサネット&Wi-Fiなどを備えた据え置き型のAndroid BOX。HDMI対応テレビや外部ディスプレーと接続することで、大画面でウェブブラウジングをしたり、動画を視聴したり、Androidアプリを利用することができます。『Google Play』対応機種なので、アプリは『Google Playストア』から追加することができます。

特徴は『Galaxy』デバイスとの連携機能。『HomeSync』はNASとしても機能し、複数の『Galaxy』端末のデータを保存・共有することができます。また、『Galaxy』スマートフォンに保存済みの動画や音楽、写真を『HomeSnc』経由でテレビ画面にワイヤレスでストリーミングすることもできます。

OSはJelly Bean、プロセッサは1.7GHzデュアルコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量8GB+1TB HDD、外部端子はUSB3.0×2、micro USB×1、HDMI出力端子(v1.4)、ギガビットイーサネット、光オーディオ出力。ネットワークとの接続は有線LANと無線LANに対応。無線LANはIEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz、HT40モード、2×2のMIMO、Wi-Fiチャネルボンディング)に対応します。HDCP 1.3/2.1、Playready、Widevide、TrustzoneなどのDRMにも対応しています。『HomeSync』の発売時期は2013年4月。
Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
MWC 2013:Samsung、Sペンによる手書き入力対応の8インチタブレット「Galaxy Note 8.0」を正式発表、3G版では音声通話機能もサポート
第85回アカデミー賞授賞式直前、Googleが過去の受賞作品を一律800円~で販売中
Google、SpotifyやDeezerと競合する音楽ストリーミングサービスの提供を計画との報道

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP