ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「VFX-JAPANアワード」映画部門に『ALWAYS 三丁目の夕日’64』、博展部門に『巨神兵東京に現わる』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月21日(木)〜2月25日(月)まで開催中の「第23回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。23日、映画祭内のイベント「VFX-JAPANアワード2013授賞式」が行われ、劇場公開映画部門で『ALWAYS 三丁目の夕日’64』が受賞。山崎貴監督が登壇しました。

「VFX-JAPANアワード2013授賞式」は、 2011年冬~2012年秋に制作、公開された劇場公開映画・アニメ、テレビ番組、MTV、TVCM、ゲーム、博展映像からノミネート作品を選出、優秀作品を表彰するイベント。

山崎監督が登壇すると、観客からは大きな拍手が贈られ、監督は喜びのコメントを以下の様に残しています。

山崎貴 監督 受賞コメント

おそらくこの賞は作品のシリーズ全体に対して頂いたような気がしています。特に今回の作品はステレオ3D作品だったのでスタッフが本当に大変な思いをしました。全部本編を現場で撮ってしまったので奥行に合わせたCGを作らなくてはならず、位置合わせがとにかく大変でしたが、皆が頑張ってくれました。彼らに良いお土産ができて良かったです。

このアワード自体は今年始まったばかりですが今後も続いてくれれば、この賞を取る事を僕らも目標に出来ると思いますし、スタッフ達にとっても一つの目標にもなるので、これからも続けていってほしいなと思いま
す。僕らもまた、この賞を狙えるような次の作品を作っていきたいと思います。

今や、ハリウッドをはじめ世界中で必要不可欠な日本のVFX技術。山崎監督が話すとおり、今後もこの様な表彰の場が続くことが、さらなる映画の発展につながると感じました。

その他の部門の受賞作は以下のとおり。

CM、博展映像部門:『巨神兵東京に現わる』
プロモーションビデオ部門:『LOVE LIKE ALIENS』
ゲーム映像部門:『AGNI’S PHILOSOPHY – FAINAL FANTASY REALTIME TECH DEMO』
テレビ番組部門:『坂の上の雲 第3部』
劇場アニメーション映画:『friends もののけ島のナキ』
劇場公開映画部門:『ALWAYS 三丁目の夕日’64』

ガジェット通信では、最高峰のVFX技術を誇る樋口真嗣監督のインタビューを公開予定ですので、そちらもお楽しみに!

【関連記事】50歳役を演じた鈴木福君、メロン熊と共演! 声優ファンも注目の『コドモ警察』
http://getnews.jp/archives/292166

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP