ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シングルGPU最強のTITAN登場 ZOTACよりNVIDIA GeForce GTX TITAN搭載カード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年の3月にKeplerアーキテクチャが登場しておよそ1年、2月21日23時から情報開示が解禁されたNVIDIAの新型GPUが「GeForce GTX TITAN」。メモリーが6GB(GDDR5)、GPUコアクロックが837MHz(最大876MHz)、2688ユニットのCUDAコアで14ユニットのSMXを構成するKeplerアーキテクチャの最高峰に位置する。バージョンアップした自動オーバークロック機能「GPU Boost 2.0」により、GPUのポテンシャルを最大限に引き出すことで従来以上のパフォーマンスを持つ。そのリファレンスカードとなるのがZOTACの「ZOTAC GeForce GTX TITAN」だ。

NVIDIAのリファレンスデザインとしても採用されている。

シングルGPU最高峰のGeForce GTX TITANを搭載

冷却にもかなり気が使われている。

■4画面出力やマルチ3D画面もサポート
DVI×2、HDMI 1.4a、DisplayPort 1.2を用いた4画面出力をサポート。カード1枚で3台までの3D対応ディスプレイへ3D表示が行える「3D Vision Surround」もサポート。さらに、垂直同期時のディスプレイのリフレッシュレートを引き上げることができる「Display Overclocking」にも対応している。

DVI×2にHDMIとDisplayPortで4画面出力が可能

■3D描画クオリティを高めるアンチエイリアス「TXAA」等もサポート
また描画クオリティを向上させる機能として、より低負荷でハイクオリティな描画を行える新しいアンチエイリアス技術「TXAA」をサポート。「Adaptive Vertical Sync」技術によって、垂直同期の影響による画像のカクつきを抑えることで、よりスムーズな3Dグラフィックス描画が楽しめるなど、モンスターGPUと呼ぶにふさわしいスペックとなっている。値段もモンスター級で13万円台と、簡単には手が出せない価格だ。コストを気にせずに最高のパフォーマンスを追い求めている人向けのカードと言えるだろう。

◆製品情報
メーカー:ZOTAC
製品名:GeForce GTX TITAN
型番:ZT-70701-10P/ZTGTXTITAN-6GD5R01
発売時期:2月下旬予定
予想市場価格:13万円台

GeForce GTX TITANページ
NVIDIA Japan

ZOTAC GeForce GTX TITAN情報
アスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

合言葉はヒョーイ! 日本HPのLINE公式アカウントが楽しい
3万円で新品が買える時代 中古PCを買う意味はあるか? 【デジ通】
FirefoxでWebページからシンプルなテキストを抜き出す【知っ得!虎の巻】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7436185/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP