ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップルの『iWatch』は時計メーカー潰しになる? iOSのそんな脅威

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


パソコンメーカーでもありソフトウェアメーカーでもあるアップルコンピュータが、更なる脅威を実現しようとしている。携帯音楽端末『iPod』では『ウォークマン』を代表とする音楽プレイヤーメーカーを、『iPhone』では世界中の携帯電話メーカーを脅かした。

そんなアップルが今度は腕時計である『iWatch』を開発中だという。ブレスレット状の端末に無線、バッテリーなどが積まれており既存の『iPhone』や『iPad』と交信することが可能となる。『iPhone』ユーザーはこの『iWatch』を所有することにより、より快適なiOSライフを送れることは間違いないだろう。

時計メーカーへの脅威?

しかしここで先ほど述べたように、アップルにおびやかされるメーカーがある。それはセイコーやシチズンなどの時計メーカーである。主に時計の開発や生産を行っているメーカーが『iWatch』により腕時計のシェアを奪われたらそれこそ経営が悪化するだろう。

携帯電話の普及で既に腕時計を着ける人が減っているこの昨今、『iWatch』が普及したら更なるシェア減少に拍車が掛かってしまうだろう。腕時計マニアは数多くの腕時計を所有するが、そういったマニアはごく一部。一般の人は腕時計は1個あったら十分だろう。そんな時に『iWatch』が世に出たら『iPod』や『iPhone』のように皆が『iWatch』を所有する状況となる。

いわゆるアップルの時計メーカー潰しである。もちろんそんな『iWatch』に対抗すべく、時計メーカーも『iWatch』に類似した商品を出してくるが、そういった二番煎じが出た頃にはアップル時計がシェアを奪っている状態。

スマートな時計は既に存在するが……

しかしいままでには似たようなコンセプトの『SmartWatch MN2』という『Xperia』と連携するデバイスがソニーから既にリリースされており、それ以外にも『Im Watch』や『WIMM One Developer Kit』などがリリースされている。いずれもAndroidベースの腕時計デバイスで、アップルはそれに追随する形となる。

それこそ“スマートウォッチ業界”という物が誕生し新たなシェア争いになるだろう。

『ウォークマン』同様に後追いとなる形だが、アップルの強みはなんと言っても『iPhone』や『iPad』との連携である。新規ユーザーよりも世界中にいる数多くのiOSユーザーを囲い込み、腕時計メーカーを潰しに掛かるわけである。それ以上に「アップルだから買う」というアップル信者の購買意欲、そしてアップルらしい洗練されたデザインで勝負をかけてくるだろう。

パソコンのシェアこそ奪えないものの、iOSのシェアは今やAndroidと二分するほどである。アップルは音楽プレイヤー、スマートフォン、タブレットだけでなく腕時計にまでiOSを組み込もうとしている。

この『iWatch』は現在はウワサ段階だが、既に特許商標(特許番号20130044215)が公開されておりバンド型であることも判明している。この特許の図面通りの製品になるかは不明だが、腕時計に近いiOSが組み込まれたデバイスがリリースされるのは間違いないだろう。

今後アップルはiOSを組み込んだ『iCamera』『iRecorder』『iGlasses』などを出しそうである。そうアップルならね。

アップル「脱獄サイトの作者? ああうち来いよ」 インターン採用へ

画像:『electricfoxy』より引用
http://www.electricfoxy.com/2012/12/is-iwatch-in-apples-future/

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP