ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昨年比7倍の花粉症対策 腸内環境整え免疫力アップも重要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本格的な花粉症の季節に突入した。くしゃみや鼻水だけではなく、目が充血したり、顔がひりひりと赤くなったりと花粉症特有の症状はさまざまだが、どれもつらいもの。今年のピークは、関東より西で3月上旬、関東地方北部では3月中旬と予想されていて、しかも例年の6割増、昨年の3~7倍の量が飛ぶという(日本気象協会より)から深刻だ。

 花粉症対策では、アレルギーの原因物質である花粉を体に寄せ付けないために、外出中はマスクで口や鼻を覆い、家に入る前には上着をはたいて服についた花粉を落とすなど“外から”の対策が大切だが、今注目されているのが、“内から”もできる対策だ。

 医薬品を服用してアレルギー症状を抑える方法のほかに、ここ数年、注目されているのは、日常生活で免疫力を高めて症状を抑えようというもの。

 腸内環境が良いと、免疫力が高くなり、アレルギー症状が緩和されたり、風邪をひきにくくなるらしい。

「乳酸菌は、腸内の免疫細胞を活性化させ、免疫系のバランスを整える働きがあることがわかっています。必ずしも生きた乳酸菌を腸に届ける必要はありません。それよりも、生菌・死菌に関わらず、数多くの乳酸菌を摂取することが肝心です」

 そう話すのは東京大学名誉教授の光岡知足さんだ。乳酸菌は世界に200種類以上存在するといわれているが、科学的に研究され始めたのは約100年前のこと。健康や老化に関係していることがわかり、現在では整腸、免疫力増加、発がん抑制などの作用があることが知られるようになった。

「たとえばフェカリス菌は、菌体が小さいので一度に多くの量を摂取するのに適しています。また殺菌しても、整腸効果があるので、“腸まで生きて届かせる”ことに配慮しなくても良いことが分かっています。常温保存できる飲料・製品からも乳酸菌を摂れるので、消費者にとって利便性が高いといえます」(前出・光岡さん)

 専門誌「薬理と治療Vol. 40 No.2 2012」(ライフサイエンスパブリッシング)の発表によると、人工的に一定数の花粉を散布した部屋に治験者が入り、フェカリス菌含有飲料(1本あたり1000億個)を毎日1本飲む前と8週間飲んだ後の花粉症症状を比較したところ、特に鼻づまりや眼のかゆみ等で改善が見られた。さまざまな種類の乳酸菌が出回っているが、花粉症症状の緩和が確認されているのは、フェカリス菌を含めて5種類ほどだという。

 腸内環境は、人の顔が違うように個性があり、特定の乳酸菌がすべての人に同じような効果があるものではない。どの乳酸菌が自分に合うか、自分の体調を観察しながら試してみると良いだろう。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
花粉症はかつて「マッカーサーの置き土産」と呼ばれていた
花粉症対策に埼玉のうどん、秋田のそば、北海道のジュース
「花粉症」命名者斎藤さん 今年は新たな発症者増えると予測

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP