ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高嶋政宏、「AKB48のPV」出演時の本音を吐露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

21日、日本テレビ系バラエティ番組「ダウンタウンDX」に出演した高嶋政宏が、AKB48のPV出演時の裏話を公開、本音を吐露している。

番組ゲストが最近のエピソードを公開する「スターのぞき見ランキング」で、高嶋は「感激!大林宣彦監督からの出演依頼」と題し、自らAKB48のプロモーションビデオ「So long!」の出演について語った。

同PVの監督は大林宣彦氏で、高嶋は大林監督の『この空の花 長岡花火物語』に出演した流れもあり、今回の出演オファーを受けたそうだ。出演依頼の際には、プロデューサーでもある大林夫人から「(『この空の花』)の続編を撮るから、同じ役で、1時間の短編なんだけど、長岡に来てくれないか」と声をかけられたという。大林監督に心酔していた高嶋は、これを聞いて喜び、すぐにスケジュールを空けたそうだ。

ところが、現場に着いてみると「あの作品の続編だから、どんな凄い映画になるのかなあ、と思ったらAKB48のメンバーが生徒役でワーって並んでて」と想像とちがう様子に驚いたのだという。

すると大林夫人から「ごめんなさい、今回箝口令が敷かれていて、マル秘だったから出演交渉のときに言えなかったの」「監督のことよほど好きな人しか引き受けてくれないから」とAKBの名前を出さなかった理由を明かされ、現場の状況を飲み込めたようだ。

撮影現場について、高嶋は「撮影の2日前に、6ページのひとりしゃべりの台本がきて」「大林監督の撮影って、テスト一切ないんですよ、現場に着いたら本番いくよ、ヨーイって」「6ページひとりしゃべりなのに、セリフの変更があったんですよ」とかなり過酷であったことも語っている。

これを聞いていた司会の浜田雅功に「だから、結局なに?騙されてたの?ドッキリ的な感じ?」と質問されると、高嶋は「でも、僕はAKB48のプロモーションビデオでも!大林監督の演出を受けられるなら、最高だった、とそういう話ですね」と締めくくっている。

【関連記事】
離婚ホヤホヤ・益若つばさが恋愛願望を告白!高嶋政宏はAKB48のPV出演時の裏話を語る『ダウンタウンDX』
映画ファンも必見!?大物監督が紡ぐあのグループのMVって?
高嶋政伸と従兄弟の高嶋ちさ子 親戚関係は何年も断絶状態に

(http://news.livedoor.com/article/detail/7435651/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP