体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PENTAX Q10でコスプレイヤーさんを撮ってみました【撮影レポート】



以前に、キヤノンのミラーレスカメラ「EOS M」を使ってコスプレイヤーさんを撮影した画像を紹介しましたが、今回はPENTAXの「Q10」を使って、コスプレイヤーさんを撮影する機会があったので、何枚か撮影したものを紹介します。

Q10は、既に家電チャンネルでも紹介しましたが、昨年の10月に発売された世界最小クラスのデジタル一眼です。今年になってエヴァンゲリオンモデルが発表されCP+2013でも注目を集めていたのもまだ記憶に新しいです。

さらに「選べる 100colors」と銘打ち、ボディ部分とグリップ部分のカラーを組み合わせて自分好みの本体カラーにしてオーダーすることもできます。

これまでカメラにあまり興味のなかった人が、Q10の多色展開や話題作りなどによりカメラを手に取るきっかけになれば、という狙いもあるようです。

そんなQ10は、コンデジよりも小さい本体サイズが特長ですが、実際に使ってみてどうなのかということで試してみました。

以下のサンプル画像は全てクリックで拡大します。また、画像は全てPENTAX Q10で撮影したものを1200×900にリサイズのみしたものです。

121209_kadench_02 121209_kadench_03 121209_kadench_04 121209_kadench_05 121209_kadench_07 121209_kadench_06

やはりそのサイズはコンデジで撮影しているかのように手軽に撮影できます。通常のデジタル一眼レフカメラと同じくマニュアルでの設定もできるため、設定をちょこちょこいじりながら撮影できるのも良かったです。

実際に撮影して一番感じたのは本体のサイズ感による影響です。極小サイズであることが持ち運びや手軽さと言った点では間違いなくメリットですが、逆に撮影時においては、軽いので手ブレを起こしやすいというデメリットもあります。また、背面のディスプレイも本体が小さい事により当然小さくなるのですが、画像の見栄え、特に引きで人物を撮影すると見え難くくしっかりピントが合っているのかも分かり難いなと感じました。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会