体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モスクワにある日本(風)料理屋で怪しいСУШИ(スシ)を食べてきた

モスクワにある日本(風)料理屋で怪しいСУШИ(スシ)を食べてきた

今回はGoncharovさんのブログ『おそロシ庵』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合はhttp://getnews.jp/archives/291735をごらんください。

モスクワにある日本(風)料理屋で怪しいСУШИ(スシ)を食べてきた

現在モスクワには星の数ほど日本(風)料理と銘打った料理を出すレストランが存在します。

街中いたるところでСУШИ(スシ)の文字を見ることができます。

もはやブームを通り越して一つのジャンルとして確立してしまった感があります。

日本(風)料理屋はもちろんのこと、日本(風)料理とは関係ないカフェでも СУШИ(スシ)が提供される始末。

なんでも” СУШИ(スシ) ”を出さないレストランやカフェは怠けてると見られるとか。

МУМУ(ムームー)というロシア料理の有名なチェーン店があるのですが、最近その店でも СУШИ(スシ)を出し始めたとHPのメニュー欄に書かれており驚きました。

さて、そんな星の数ほどあるモスクワの日本(風)料理屋ですが、先程から「日本(風)料理屋」だの、「 СУШИ(スシ) 」とわざわざ書いているように本物ではありません。

あれを「日本料理」だの「寿司」だのと呼ぶのは個人的に「本物」に対して失礼だと思います。

もちろんロシアにも本当の日本人、職人の方が作っている日本料理屋があります。

が、今回はモスクワで一番まずそうな СУШИ(スシ)を食ってやろうじゃないかとお腹壊す覚悟で行って来ました。

せっかくモスクワに滞在中なので体を張っておこうと思った次第です。

美味しい日本料理屋は「歩き方」に任せればいいのです。

今回の参加者は、管理人含め三人。

管理人、ロシア在住日本人、ロシア人。

まずは三人で情報収集。

まず1店はすぐに決まりました。

モスクワにある日本(風)料理屋で怪しいСУШИ(スシ)を食べてきた

(画像が見られない方は下記URLからごらんください。)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/susi01.jpg

『ТАНУКИ』
http://www.tanuki.ru/

「金」と書いて「ТАНУКИ(タヌキ)」と読むこの日本(風)レストラン。

名前からして怪しい雰囲気がぷんぷん漂ってきます。

モスクワ在住日本人の間でまずいまずいと大評判のお店らしいです。かなり期待出来ます。

そして次にとんでもないものを見つけました。

モスクワにある日本(風)料理屋で怪しいСУШИ(スシ)を食べてきた

(画像が見られない方は下記URLからごらんください。)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/susi02.jpg

『ВАБИ САБИ』
http://www.vabisabi.ru/

「ВАБИ САБИ(ワビ サビ)」と言う日本(風)カフェ。

この店のHPのメニューに今まで見たことがないものが!

ロシアにはホットロールと呼ばれる巻きずしがあります。

その名の通り暖かい巻きずし。

巻きずしを天ぷら風にカラッと揚げたホットな一品。

脂っこいので一つで満腹、数個食べたら胃もたれ確実。

モスクワにある日本(風)料理屋で怪しいСУШИ(スシ)を食べてきた

※写真は以前モスクワで食べたホットロール
(画像が見られない方は下記URLからごらんください。)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/susi03.jpg

1 2 3 4 5次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy