体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケーブル不要でiPhone 5を充電できる!Lightningコネクター付きモバイルバッテリー【イケショップのレア物】

iPhone 5の供給も安定しはじめたせいか、筆者の周囲でAndroidスマートフォンからiPhone 5に乗り換える人が増えてきている。今まで使っていたAndroidスマートフォンの割賦が完了したタイミングで、iPhone 5に乗り換える人が結構いるのだ。中にはiPhone 5でiOSに初めて触れるという人もいるようだ。

そうした人たちからの質問で一番多いのが「iPhone 5では、どういったモバイルバッテリーを使ったらいいのか?」という質問だ。

何しろ質問する人たちがiPhone 5でiPhoneを初体験している人たちばかりということもあり、iPhone 4/4Sまで搭載されていた30ピンDockコネクターを知らない人も多く「前は30ピンDockコネクターだったのが、新しくLightningという専用のコネクターへと変更されたのだよ。」と言っても口をポカーン開けた顔をされてしまうほどだ。

そんな状況なので、iPhone 4/4S向けの周辺機器やケーブルなどについて、「これは、iPhone 5で使えるか?」と頻繁に聞かれるわけで、そのたびにDockコネクターとLightningコネクターの違いについて説明を余儀なくされている。

いまではさすがに面倒くさくなってしまい、最近では変換プラグなどを経由しないと使えない機器に関しては「(そのままじゃ)使えないよ」(カッコ内は発音せず)と返答することにした。質問してくる前に、もう少し自分でも調べてもらいたいと思うのだが・・・。

ちなみに、AndroidやiOS機器で使える汎用タイプのモバイルバッテリーの場合でも、iPhone 5で利用するにはLightningコネクターが搭載されていなければ使えない。もしくはmicroUSBからLightningコネクターに変換するアダプターかケーブルが付属していないと使えない。これはiPhone 5に限らずLightningコネクターを搭載するiPad miniやiPod touchそしてiPod nanoでも同じだ。

最初からLightningコネクターを搭載するモバイルバッテリーがあれば、別途コネクターを用意する必要もないので、前述のiPhone 5が初めての人にも安心しておススメできる。そんな都合の良いものがあればと思っていたら、Lightningコネクターを本体に内蔵したモバイルバッテリー「Portable PowerBank Lightning 2800mAh」が登場したので、早速紹介しよう。

■コンパクトながら2800mAhのバッテリーを内蔵
この製品、一見すると何だかわからない。携帯用の灰皿にも見えるし、LEDの懐中電灯、はたまたUSBメモリーのようにも見える。本体に書かれている「POWER PACK」という文字を見ない限り、モバイルバッテリーとは気が付かないだろう。本体上部のカバーを外すとLightningコネクターが顔を出す。ここまでくれば、モバイルバッテリーだと気が付く人が出てくるだろう。色はホワイトとブラックの2色が用意されている。容量は2800mAh なのでiPhone 5を余裕で1回は満充電できるだけの容量を持っている。

※出力が5V/500mAのためiPadシリーズにはお使いいただけません。

ケーブル不要でiPhone 5を充電できる!Lightningコネクター付きモバイルバッテリー【イケショップのレア物】パッと見だと何かわからないデザイン。 ケーブル不要でiPhone 5を充電できる!Lightningコネクター付きモバイルバッテリー【イケショップのレア物】カバーを開けると中からLightningコネクターが ケーブル不要でiPhone 5を充電できる!Lightningコネクター付きモバイルバッテリー【イケショップのレア物】こちらはブラックモデル、本体カラーと合わせてもいい。

■充電時だけカバーを外したらそのままiPhone 5を装着
iPhone 5への充電は、本体のカバーを取り外すとLightningコネクターが出てくるので、それをダイレクトにiPhoneにつないで充電すればいい。通常時はLightningコネクター部分をカバーで覆っているためコネクターを壊してしまう事故からも守ってくれる。

モバイルバッテリー本体への充電はmicroUSBケーブルで行えるので、モバイルバッテリーを使えばLightningケーブルを常時持ち歩く必要はなくなる。つまり、市販の安価なmicroUSBケーブルでバッテリーを充電したら、あとは本体のLightningコネクターでiPhone 5を充電するだけというわけだ。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。