ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、タッチスクリーンを搭えた「Chromebook Pixel」を発表、米国と英国のGoogle Playストアで発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが2月21日、初の自社開発&タッチスクリーン搭載のChromebook「Chromebook Pixel」を発表、米国と英国のGoogle Playストアで販売を開始しました。価格は、米湖で$1,299(約12万円)、英国ではVAT込み£1049(約14万円)。Chromebookは、Googleが開発したChrome OSを搭載したノートPC。今回のChromebook Pixelでは、陽極酸化アルミ加工のシャシーで、通気孔なしの能動冷却,構造を採用した工業デザインの筐体、高いハードウェアスペック、画面のタッチ操作対応、3Gよりも高速なLTEに対応したところが特徴となっています。ディスプレイは12.85インチ2,560×1,700ピクセルの液晶を採用、アスペクト比は3;2、輝度400nits、画素密度は239ppiとなります。プロセッサはIntel Core i5 1.8GHzデュアルコアで、Intel HD グラフィックス 4000が統合されています。RAM容量は4GB(DDR3)、内蔵ストレージの容量は32GB(SSD)、カードリーダー(SD/MMC)も搭載されています。前面に720p動画の撮影も可能なWEBカメラ、バッテリー容量は59Wh で、最大5時間の連続使用が可能。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)で、アンテナ2本のMIMO構成となっています。また、Bluetooth v3.0にも対応します。本体サイズは297.7mm×224.6mm×16.2mm、質量は1.52kg。本日発売されたのはWi-Fi Onlyモデルのみで、LTE対応版($1,449)は4月に米国で発売される予定です。Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile未発表の「Xperia SP」、4.6インチHDディスプレイ、800万画素Exmor RSカメラ、色を変更可能な透過型バーを搭載?
Motorola、製スマートフォン購入者に$50のGoogle Playギフトカードをプレゼントを米国で実施
INFOBAR A02の販売地域が2月23日より拡大

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP