ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Ubuntuのスマートフォン版・タブレット版の開発者向けプレビュービルドがリリース、端末単体でもインストール可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Canonicalは2月21日、Linuxディストリビューション「Ubuntu」のスマートフォン版・タブレット版の開発者向けプレビュービルド(Ubuntu 12.10 Touch Preview)をリリースしました。Ubuntuの公式サイトでは、Galaxy Nexus、Nexus 4、Nexus 7、Nexus 10の4機種向けのROMとインストール手順などが公開されていますが、インストール手順はUbuntu系のLinux PCを使ったものだけで、Windows PCを使った手順は紹介されていません。しかし、既にClovkworkModリカバリしている場合は、AndroidのカスタムROMと同じ要領でインストールすることができます。以下の手順は、手持ちのGalaxy Nexusで実際に試して起動まで完了したものです。他のNexusでは試していませんが、ダウンロードするファイルを変更すれば成功すると思います(試していませんが・・・)。1. UbuntuのROMダウンロードサイトから「quantal-preinstalled-armel+maguro.zip」と「quantal-preinstalled-phablet-armhf.zip」をダウンロード。Galaxy Nexusの内蔵メモリにコピー。Nexus 4は”mako”の付くファイル、Nexus 7は”grouper”の付くファイル、Nexus 10は”manta”と付くファイルを利用すれば良いと思います。2. ClockworkModリカバリに再起動。3. ClockworkModリカバリのROMフラッシュメニューから「quantal-preinstalled-armel+maguro.zip」→「quantal-preinstalled-phablet-armhf.zip」の順にROMを焼き込む。4. 完了後、Galaxy Nexusを再起動。以上です。起動後数秒でUbuntuのホーム画面が表示されると思います。Caonicalによると、リリース版では、シェルやコアアプリ、カメラ、Wi-Fi、音声通話(GSM系)・SMS、オーディオ、ADBは動作するそうです。Galaxy Nexusで少しの間遊んでみましたが、動作はまずまず。アプリを起動しすぎると(特にカメラ)急激にスローダウンしてリブートしたことがありました。試す価値はあると思いますが、日常的な利用には耐えられないと思います(開発途中のお試し版ですし)。なので、試す場合は元の状態に戻せるようにバックアップしてからにすることをお勧めします。バックアップで元に戻せない場合でもファクトリーイメージで戻せます。Source : Ubuntu



(juggly.cn)記事関連リンク
LGがbig.LITTLE処理を採用した8コアプロセッサ”Odin”の量産準備に着手との報道
イーモバイルのおサイフケータイ対応Androidスマートフォン向け「モバイルSuica」サービスが2013年4月6日に開始
任意のファイルをAndroid Beam送信できるアプリ「File Beam (Touch to Send)」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP