ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任意のファイルをAndroid Beam送信できるアプリ「File Beam (Touch to Send)」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NFC対応のAndroid(ICS以上)端末で利用できるAndroid Beamを拡張して任意のファイルを送信できるようにした「File Beam (Touch to Send)」がGoogle Playストアでリリースされました。Android Beamで送信できるのは、URL、マーケットリンク、YouTube動画リンク、アドレス帳、画像、動画など一部に限られていますが、「File Beam」を利用することで、それ以外のファイル(音楽、apkファイル、ドキュメントなど)も送受信することができます。利用方法は、eStrongsファイルマネージャーやOIファイルマネージャーなどのエクスプローラーアプリから送信したいファイルを別のアプリで共有するのと同じ操作で共有メニューを表示し、「Beam File」を選択。そして、別のNFC対応機種にかざしてAndroid Beamを行うだけ。NFCで両端末のBluetoothペアリングが実施され、その後、Bluetooth通信で実際にファイルが転送されます。ファイルの転送が完了した後はBluetoothペアリングが解除されます。アプリが利用できるのはAndroid 4.1以上を搭載した端末に限られますが、このアプリで端末同士のファイル交換が簡単になりますね。「File Beam」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
ARROWS Tab F-05EがPlayStation Certifiedを取得
ZTE、Tegra 4搭載スマートフォンを2013年上半期中に発売
Qualcomm、Snapdragon 2013年モデル「Snapdragon 200/400」の概要とSoC型番を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP