ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イーモバイル、同社初のLTE対応スマートフォン「STREAM X GL07S」を3月7日に発売、LTEスマートフォン向け料金プランも発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イーモバイルは2月21日、同社初のLTE対応スマートフォンとなる「STREAM X(GL07S」を3月7日(木)に発売すると発表しました。STREAM Xは、4.7インチ1,280×720ピクセルのTFT液晶とHiSilicon製K3V2 1.5GHzクアッドコアプロセッサを搭載し、下り42Mbpsの「EMOBILE 4G」と下り最大76Mbpsの「EMOBILE LTE」に対応したAndroidスマートフォン。海外メーカーの機種ですが、おサイフケータイや緊急速報メール、キャリアメールなどの国内向け機能も組み込まれています。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、UIにはHuawei独自の「Emotion UI」が採用されています。イーモバイル端末の特徴でもあるテザリング機能では、最大8台までのWi-Fi機器を同時に接続させることができるほか、「Pocket Wi-Fiウィジェット」より簡単にON/OFFを切り替えることができます。バッテリー容量が2,350mAhと大きめで、最大6時間のテザリングが連続して利用可能となっています。本体サイズは137mm×67mm×8.6(最厚部9.2mm)、質量は約122gと4.7インチ端末の中では比較的薄く軽い筐体仕様。防水・防塵機能はありません。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は32GB。カメラは背面に1,300万画素CMOS、前面に130万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(1700/2100MHz)、LTE 1800MHzに対応。カラバリはブラック1色となっています。イーモバイルはSTREAM Xの発売にあわせて、LTEスマートフォン向けの新料金プラン「LTE電話プラン」(月額980円)、新データ通信プラン「データ定額5」(月額3,880円)、割引きサービス「LTEスマホ割」の提供も開始します。「LTE電話プラン」の2年契約版「LTE電話プラン(にねん)」と「データ定額5」に加入すると、毎月980円を通信料から割引く「LTEスマホ割」が適用可能になります。また、テザリングを利用しても追加料金は発生しません。STREAM Xの価格は、長期契約無しの”ベーシック”で購入した場合72,000円、2年契約のLTE電話(にねん)でバリュースタイルに加入した場合は42,000円(割賦では1,750円/月×24回)で、24か月間にわたり毎月1,750円の割引が受けられることになるので、24カ月継続使用した場合の実質負担金額は0円になります。Source : イーモバイル



(juggly.cn)記事関連リンク
ドスパラが「ドスパラタブレット」のTNパネル使用疑惑を認める、返品対応、あるいは継続使用の場合はQuoカードを進呈
GoogleドライブのAndroidアプリで動画のストリーミング再生やプレゼン資料のピンチズームでの拡大・縮小が可能に
Google、Jelly Bean紹介ページの内容を「Android 4.2」版にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP