ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新海誠監督の新作映画「言の葉の庭」5月に公開! 秦基博がEDテーマ担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


「言の葉の庭」メイン・ヴィジュアル/(c) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

「星を追う子ども」「秒速5センチメートル」の新海誠監督による新作映画「言の葉の庭」が5月31日に公開されることが決定。そのイメージ・ソングおよびエンディング・テーマを秦基博が担当することがあきらかとなった。

「言の葉の庭」は、靴職人を目指す高校生のタカオと謎めいた年上の女性・ユキノの出会いを描いた、万葉集の一篇から始まる〈孤恋(こい)〉の物語。新海監督が原作と脚本も手掛けるほか、作画監督/キャラクター・デザインに土屋堅一、美術監督に滝口比呂志、音楽にKASHIWA Daisukeといったスタッフが集結。キャストとして入野自由、花澤香菜、平野文、潘めぐみ、前田剛、小松未可子の出演も決まっている。

そんな本作のエンディング・テーマとなるのは、秦による大江千里の楽曲“Rain”のカヴァー。イメージ・ソングは書き下ろしの新曲となる。心の変化や揺れそのもののような雨の描写など、新海監督ならではの繊細な演出が施されているという本作に、秦の歌声がどのような彩りを加えてくれるのか楽しみなところだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP