ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Bluetoothを使った交通情報システムが、 カナダ・カルガリーで稼働【サイエンスニュース】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Bluetoothは、電子機器用の無線通信規格だ。最近の携帯電話やスマホの通話などに用いられるヘッドセット、オーディオプレイヤー、ノートパソコンなどの多くはこの規格に対応している。通信距離は数m~数十m程度と短いが、消費電力が少ないため、モバイル機器での利用に適している。主な用途はワイヤレスでの音声伝送やデータの転送などだが、カナダではBluetoothを応用した交通情報システムが稼働を開始した。

カルガリーの幹線道路、Deerfoot Trail(距離は約50km)には、道沿いに15箇所のBluetoothセンサーと、7つの電光掲示板が設置されている。ドライバーのBluetoothデバイスには、それぞれユニークなID(MACアドレス)が割り当てられており、道路に設置されたセンサーがこのMACアドレスを収集する。収集されたデータを元に、渋滞状況が計算され、所要時間を電光掲示板に表示する仕組みだ。プライバシー保護のため、収集されるのはあくまでもMACアドレスのみで、その他のデータは収集しない。カルガリー市によれば、Bluetoothデバイスを使うドライバーが増えれば増えるほど、システムの精度も向上していくという。

Bluetooth交通情報システムの運用時間は平日の午前6:30から午後6:30だが、システムの信頼性が確認されれば、運用時間が延長される予定だ。今後、カルガリー市では、Bluetoothのセンサーを26箇所、電光掲示板は15個に増やし、市内の通勤経路をカバーする計画である。ドライバーは掲示板に表示される所要時間を見て、リアルタイムに最適な経路を選べるようになるため、交通渋滞が減ると期待されている。

(文/山路達也)

記事提供:テレスコープマガジン

外部サイト

Bluetoothを使った交通情報システムが、 カナダ・カルガリーで稼働【サイエンスニュース】
パソコンやiPod touch、ゲーム機のお供にいかが?今日発売の最新WiMAXルータ「URoad-Aero」がスゴイ!
常にカメラを持ち歩く!COWCOW山田はオリンパスPEN Lite E-PL2を愛用【カメラかじってる芸人のカメラをチェック】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7431610/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP