ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アナタはどれだけ知ってる? シャープのTwitter公式アカウントによる同社製品の歴史が凄い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

X68000といえば言わずと知れたシャープ製PCの名機だが、目の付けどころがシャープな製品は数多く存在する。筆者がパソコン雑誌の編集だった頃「ネタに困ったときはシャープ」という必殺技があった。

たとえば製品レビュー記事で紹介するモノがなければシャープの新製品をピックアップして、市ヶ谷の広報さんに問い合わせる。即座に製品担当者が「これから製品を持って御社まで伺います」といった神対応をしてくれたり、製品を15分で用意してくれ、1時間後には編集部から出したピックアップ用のバイク便で編集部に到着しているといった感じで、腰の軽さと対応の素早さは、業界随一だった。

おかげで白いページになりそうだった部分を埋めることができ、かなり助けてもらった記憶がある。とにかくPC系ではユニークな製品が多かった。ノートPCのメビウスシリーズなどは、電源オフ時に内蔵のHDDにUSBケーブルを外付けHDDライクに使える「DirectHD」というユニークな機能を搭載していたり、おそらく世界で初めてと言えるPCIスロットを搭載した「メビウスジャンボ」(1997年2月発売)という巨大なノートPCをリリースしたりしていた(2モデルでその値段は何と82万円と62万円)。

確かに目の付けどころがシャープな製品が多かった同社だがリーマンショック以降、業績が悪化し、2012年秋には大勢の自主退職者を出したり、会社存亡の危機とまで言われたりと、かなり苦しい状況が続いている。お世話になったことがあるだけに個人的には何とか立ち直っていただきたいと心底思っているのだが、人員削減などの合理化を進めたり、IGZO(イグゾー)液晶搭載のスマホが好調だったりして、わずかながらも黒字に転換するなど、何とか好転しそうな気配だ。

特にシャープの公式Twitterは、自社の危機を率直につぶやくなど、そのツイートの内容が人気だ。今回、ツイッターのハッシュタグで「#お前らの昭和をばらせ」というタグに反応し、次々と同社のユニークな製品を連続ツイートしたことが大変な話題になっている。昭和を盛り上げた同社製品の数々を見ると、シャープという会社が技術の匠で成り立っているのがよく理解できる。まるでおっさんホイホイになっており、どれだけの商品を覚えているか、使ったことがあるかで年齢が分かってしまうかもしれない。

togetter:ハッシュタグ「#お前らの昭和をばらせ」でシャープ公式の画像フォルダが火を吹いた

シャープ公式Twitter
シャープ株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

アメリカではWindows Phone 8とSurfaceが中心! 日米で異なるマイクロソフトの広告戦略【デジ通】
コストを削減できてお手軽!マクロミルのアンケートASP
2012年度内で完了予定 完成に近づきつつある東京メトロ内の携帯サービスエリア拡大

(http://news.livedoor.com/article/detail/7430665/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP