ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフト・マシーンの元メンバー、ケヴィン・エアーズが68歳で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


ケヴィン・エアーズ 『Joy Of A Toy』ジャケット画像

カンタベリー・シーンを代表するバンド、ソフト・マシーンの創設メンバーとしても知られるシンガー・ソングライターのケヴィン・エアーズが、2月18日にフランスの自宅で死去した。享年68歳。海外メディア〈MOJO〉によると、彼は眠るように亡くなっていたという。

UKのケント州ハーン・ベイに生まれたケヴィンは、16歳で学校を中退し、その後カンタベリーの伝説的バンドであるワイルド・フラワーズへ参加。同グループを母体に、66年にロバート・ワイアット、デヴィッド・アレン、マイク・ラトリッジと共にソフト・マシーンを結成した。脱退後の69年には初のソロ・アルバム『Joy Of A Toy』を発表。90年代初頭までコンスタントにリリースを重ね、2007年には15年ぶりとなるオリジナル・アルバム『The Unfairground』をドロップして話題を集めていた。

謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP