ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

QualcommがSnapdragon搭載端末向けに省電力化アプリ「Snapdragon BatteryGuru(Beta)」を海外でリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qualcommが同社のSnapdragonプロセッサを搭載した端末向けに省電力化アプリ「Snapdragon BarreryGuru(Beta)」をリリースしました。アプリの価格は無料。対応機種はAndroid 4.0以上を搭載した端末。アプリは現在ベータ版で北米と欧州のみで提供されており、残念ながら日本のGogole Playストアからはダウンロードできません。BatteryGuruは、Androidアプリが行うバックグラウンド通信の発生頻度を、学習したスマートフォンの利用パターンに合わせて自動的に最適化することでバッテリー消費の効率化を図るアプリです。Androidアプリは閉じてもバックグラウンドで動作し、各アプリ独自のスケジューリングで通信を行いますが、BatteryGuruでは、例えば、就寝中の利用してないときにはアプリの通信を切るなど、スマートフォンの利用パターンに応じて制限をかけてくれます。プロセッサ開発元のアプリということで、CPUやGPUの動作をコントロールするようなアプリと思われがちですが、そういうものではありません。BatteryGuruには学習モードという動作モードが存在し、ユーザの利用パターンの学習とAndroidアプリのバックグラウンド通信の制御を自動的に行ってくれるので、基本的には設定不要で利用できますが、学習する必要があるので効果が現れるのに少し時間がかかるそうです。Qualcomによると、BatteryGuruインストール後2~4日程度で効果を体感できるようになるそうです。BatteryGuruでは、自動的に制限することのほか、アプリ個別のルール設定で「Whenit wants」を選ぶとBatteryGuruの制御を受けない設定にすること、「Only when you open it」を選ぶと起動したときにしか通信させず、バックグラウンドでの通信は停止するという設定もアプリごとに可能です。このほか、いつも使うWi-Fiアクセスポイントから離れるとWi-Fiを自動的にOFFにするXperiaの「エリア連動Wi-Fi」に似た機能もあります。BatteryGuruは、日本のGoogle Playストアからはダウンロードできませんが、http://d-h.st/ozZからapkファイルを入手できます。「Snapdragon BatteryGuru(Beta)」(Google Playストア)Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
カカオトークに端末を振るだけで近くのユーザーをカカともに登録できる「シェイク」機能が追加
MSI、厚さ8.9mm・質量299gの薄型軽量7インチタブレット「WindPad Enjoy 71」を国内でも発売、価格は15,800円
HTC OneのQuadrantベンチマーク結果、トータルスコアは驚異的な12000点を記録

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP