ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国大気汚染 “殺虫剤ガソリン”や石炭の火力発電も原因か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本への多大なる影響も懸念される中国の大気汚染。そもそも、その原因はいったい何なのか。中国情勢に詳しいジャーナリストの福島香織さんは言う。

「中国の最高研究機関である中国科学院の専門家の発表によると、北京の大気汚染の大きな原因は車の排気、暖房のために練炭を燃やした排気、工場など外から流れ込んできた汚染で、その他、飲食店から出る排気が近年急増しているとも指摘されています」

 中国は近年経済発展がめざましく、北京市内ではこの5年間で車の台数が200万台近く増え、現在約520万台に。道路整備が追いつかないため、慢性的な渋滞で排気ガスが増え続けている。しかも普及しているガソリンも、日本やヨーロッパに比べて質が悪く、より多くの汚染物質を排出することに。それでも北京は中国の他の地域に比べれば、ガソリンの基準が厳しいほうだというから、呆れてしまう。

「2012年春には、中国国内のガソリンに含まれる硫黄分は香港のガソリンの30倍から40倍だというニュースが世間を騒がせました。国内の石油精油所で安価な材料を調合した“なんちゃってガソリン”が流通し、そのせいで各地で自動車が壊れる事件が多発。殺虫剤の原料になっている成分も含まれていることから“殺虫剤ガソリン”などと呼ばれました」(前出・福島さん)

 北京五輪の際には市内への車の流入を制限し、工場も郊外に移転させて空気をきれいにしたが、五輪が終われば元の木阿弥。『ルポ 中国「欲望大国」』(小学館刊)などの著書があるジャーナリストの富坂聰さんは、大気汚染は悪化の一途をたどっていると指摘する。

「車のナンバープレートの末尾の数字によって曜日ごとに走行禁止車を設ける“ナンバー規制”で街中の車を減らそうとすれば、金持ちが2台持つようになるなど、規制の効果はなかなか上がらない。そもそも中国はお題目では厳しい環境基準を持っていますが、それが現実に合わないので、目をつぶらざるをえないのが現状なんです」

 さらに、大気汚染の大きな原因のひとつとされているのが、石炭を使った火力発電だ。現地での取材を30年以上も続けるジャーナリストの宮崎正弘さんの話。

「中国の発電量の72%は石炭による火力発電。それも都会のど真ん中にあり、煙突の高さはたった30mしかないので、北京や上海に限らず街はどこも真っ黒です」

※女性セブン2013年2月28日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国からの大気汚染拡散 対策はマスクではなく外出を控える
中国で「釣魚島、中国的!」と書かれた“反日マスク”が登場
中国大気汚染対策は2016年から 小児科パンク現象は当分続く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP