ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Canonical、Ubuntuのタブレット版“Ubuntu for Tablets”を発表、2月21日にNexus 7とNexus 10に開発者向けプレビュー版を提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫


英Canonicalは現地時間2月19日、Linuxディストリビューション“Ubuntu”のタブレット版“Ubuntu for Tablets”の提供を発表しました。“Ubuntu for Tablets”は、1月に発表されたスマートフォン版“Ubuntu for Phones”のようにタッチインタフェースとジェスチャー操作、タブレットの画面サイズに適したUIレイアウトを備えたUbuntuのバリエーションの一つ。マルチアカウントでの利用に対応し、6インチ~10インチ・解像度100~450ppiのタブレットで利用可能と言われています。

特徴的なのは、画面の右端を内側にスワイプするとスマートフォンアプリが画面上に現れる“SideStage”という機能。タブレットアプリ上にスマートフォンアプリを被せて使うことや、画面を分割して同じ画面で両方のアプリを同時に使うことができるなど、大画面を生かしたタブレットならではのマルチタスク機能となっています。スワイプジェスチャーでは、画面左端をスワイプするとスマートフォン版と同じようにアプリランチャーが起動します。画面上を引き下げると通知や機能設定画面が表示されます。画面下部を引き上げるとアプリの操作ボタンが出てきます。

Canonicalが公開したデモ動画によると、スマートフォンをタブレットにドッキングするとタブレット版UIに切替わり、タブレットにキーボードとマウスを接続するとデスクトップ版UIに切り替わり、テレビに接続するとテレビ用UIが表示される、といったことが示されています。“Ubuntu for Tablets”の開発者向けプレビュー版が『Nexus 7』と『Nexus 10』に対して2月21日にリリースされるそうです。
Source : Ubuntu



(juggly.cn)記事関連リンク
英CloveがHTC One(32GB・SIMロックフリー版)の予約受付を開始、価格は£425(約61,800円)で3月15日に発売予定
HTC、新型Androidスマートフォン「HTC One」を正式発表、4.7インチフルHDディスプレイ、1,7GHzクアッドコアCPU、1,300万画素”UltraPixels”カメラなどを搭載
NVIDIA、LTE対応マルチモードモデムを統合したスマートフォン向けSoC「Tegra 4i(Grey)」を発表、2.3GHzクアッドコアCPUと60コアGPU

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP