ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、新型Androidスマートフォン『HTC One』を正式発表、4.7インチフルHDディスプレイ、1,7GHzクアッドコアCPU、1300万画素“UltraPixes”カメラなどを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫


HTCが米国と英国で2月19日に開催したプレスイベントで、新型Androidスマートフォン『HTC One』を発表しました。『HTC One』は、世界80か国と地域、185のオペレーターと小売店を通じて販売される予定です。単一機種としては過去最大規模の展開となるそうです。発売時期は3月(英国は3月15日、米国は3月下旬)。米国など一部の国では本日より予約受付が行われています。日本での発売予定については、HTC本社が出したプレスリリースでは確認できませんでした。

『HTC One』は同社の新フラッグシップとなるハイスペックモデル。『HTC One』では、デザインが一新し、『HTC J Butterfly』と同様にフルHD解像度のディスプレーを搭載しながらも、画面サイズが4.7インチに小型化、プロセッサはCPUのクロック周波数が向上、『HTC Sense』はもちろん、カメラ機能とオーディオ機能なども大幅に進化しています。筐体サイズは137.4mm×68.2mm×9.3mm、質量は143g。筐体はアルミユニボディの“ゼロギャップ”構造を採用し、しっかりとした作りになっています。しかし防水・防塵には非対応です。

画面サイズはスマートフォンの中では大きめですが、ベゼル幅を4mmに薄く(『HTC J Butterfly』は5mm)することによって横幅を細くしています。質量は『HTC J Butterfly』よりも3g増えています。ディスプレーは4.7インチ1920×1080ピクセルのTFT液晶、プロセッサはSnapdragon 600 Krait 1.7GHzクアッドコア、RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB/64GB、Micro SDカードスロットはありません。

OSはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)を搭載しており、『Sense』もバージョン5にバージョンアップしています。『HTC One』の『Sense 5』では、『HTC BlinkFeed』、『HTC Zoe』、『HTC BoomSound』などの新機能を搭載したところが特徴となっています。

リアカメラは1300万画素の“UltraPixels”カメラで、画像処理チップ『HTC ImageChip 2』を搭載。既存モデルのカメラよりも300%明るく撮影でき、HDR動画やスローモーション動画も撮影可能とされています。撮像素子は裏面照射型CMOS(1/3型、画素ピッチ2.0μm)、レンズは28mm F2.0を採用。5段階のフラッシュ調節機能『Smart Flash』、動画の再生速度を調節することも可能となっています。前面には210万画素CMOSカメラを登載。『HTC J Butterfly』と同様に広角レンズを搭載しており、4、5人での自分撮りも十分可能です。また、HDRでの静止画撮影や動画をフルHD解像度で撮影することもできます。

オーディオ機能では、『HTC BoomSound』と呼ばれるステレオサウンド機能が特徴で、前面に2つのスピーカーを搭載しており、音をステレオで聴くことができます。『Beats Audio』は外部スピーカー・イヤフォン共に対応しています。また、『Sense Voice』機能では、2つのマイクを使って通話中に周囲の雑音を低減すると共に受話音量を自動で調整してくれるそうです。富士通の『スーパーはっきりボイス』のような機能です。

その他、『HTC One』にはIRブラスタが内蔵されており、テレビなどのリモコンとして利用することができます。この機能は『Sense TV』と呼ばれています。ワイヤレス機能はWi-Fi a/ac/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0(apt-x対応)、DLNA、MHL(HDMI出力機能)、Wireless HDMI(Media Link HD)に対応。バッテリー容量は2300mAh(取外し不可)。カラバリはブラック、ホワイト、レッドの3色。

OS:Android 4.1(Jelly Bean)、Sense 5、BlinkFeed
サイズ:137.4mm×68.2mm×9.3mm、質量143g
ディスプレー;4.7インチ、解像度1920×1080ピクセル(Full HD)、468ppi、Super LCD
CPU:Qaulcomm Snapdragon 600 Krati 1.7GHz(クアッドコア) GPU:Adreno 320
メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB+Dropbox 25GB(2年)
外部メモリ:
リアカメラ:1300万画素“HTC UltraPixels”カメラ、HTC ImageChip 2搭載、裏面照射型CMOS (1/3型、画素ピッチ 2.0μm)、レンズ(28mm F2.0)、光学手ブレ、HDRムービー、Smart Flash(5段階)、VideoPic、連写、スローモーションムービー
フロントカメラ:210万画素CMOS、広角レンズ、フルHD動画撮影対応、HDR撮影対応
対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1900/2100MHz)※キャリアモデルはLTE対応版もあります。
通信機能:Wi-Fi a/ac/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0(apt-x対応)、DLNA、MHL(HDMI出力機能)、Wireless HDMI(Media Link HD)
バッテリー:2300mAh
センサー:加速度、ジャイロ、ライト、近接、デジタルコンパス、GPS(GLONASS
SIMスロットはmicroSIM規格
Source : HTC



(juggly.cn)記事関連リンク
NVIDIA、LTE対応マルチモードモデムを統合したスマートフォン向けSoC「Tegra 4i(Grey)」を発表、2.3GHzクアッドコアCPUと60コアGPU
Xperiaスマートフォンのスモールアプリをホーム画面上から直接起動できるランチャーアプリ「Small App Launcher」
Android 4.2.2を搭載したXperia Z C6603のスクリーンショット

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP