体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、ユーザー作品を扱うオンラインフリマ「dクリエイター」を2013年5月から提供開始!さっそくクリエイター事前登録受付中


一般クリエイターの作品を出品・購入できるマーケット!
NTTドコモは18日、同社が運営するサービスポータル「dマーケット」に新しいサービスとして、一般のクリエイターが創作したさまざまなジャンルのハンドメイド作品などの出品や購入ができるサービス「dクリエイターズ」を2013年5月から提供開始予定であることを発表しています。

dクリエイターズは、一般のクリエイターが創作したインテリア・家具、ステーショナリーやアクセサリー、ファッションアイテム、スマートフォンケースなどのハンドメイド作品を出品・購入できるマーケットサイトと、一般のクリエイターが創作した小説、コミックなどのデジタルコンテンツを発表・閲覧できる「UGCメディア」からなる、日本最大級の総合UGCプラットフォームとなるとのことです。

02

近年、一般クリエイターの活躍の場は書籍などのデジタルコンテンツにとどまらず、ハンドメイド作品の創作にまで及んでおり、その市場は関連分野まで入れて約4000億円、クリエイターの人口は1000万人とも言われているとのこと。

そこで、同社では、2010年から小説やコミック、エッセイ、イラスト、写真などを自由に投稿・閲覧できるUGCメディア「E★エブリスタ4 」を提供しており、これまで投稿された200万を超える作品のうち200タイトル以上が書籍化(総発行部数800万)され、一部はゲーム化や映画化されるなど、一般クリエイターの作品はプロ作品を扱う企業からも注目されるまでになったということです。

このE★エブリスタで培ったノウハウを活かし、一般クリエイターの創作力に改めて着目してハンドメイド作品まで対象を広げ、すべての意欲あるクリエイターと、「他にはない」「こだわりのある」作品に魅力を感じるお客さまとをつなぐ場として、dクリエイターズを提供することになったそうです。

なお、dクリエイターズの開設に向けて、参加クリエイターを広く募集し、2013年2月18日(月)から特設サイト「みんなの“逸品・一品”に出会うことができる dクリエイターズ」にて事前登録を受付し、2013年4月上旬から出品登録を開始する予定だとのことです。

dクリエイターズのカテゴリとしては、アクセサリー、ファッション、バッグ・財布、ステーショナリー・雑貨、家具・インテリア、食器・キッチン、スマホ・ケータイグッズ、おもちゃ・人形、アート、フラワー・ガーデン、素材・テキスタイル、ベビー・キッズ、ペットグッズのハンドメイド作品(13カテゴリ)と、小説、コミック、エッセイのデジタルコンテンツ(3カテゴリ)となっています。なお、デジタルコンテンツについては、E★エブリスタより供給をうけて提供することになります。

上記のクリエイター事前登録については、ハンドメイド作品について行われ、登録条件として、18歳以上であること、利用可能な携帯電話会社のメールアドレスをもっていること、本人確認書類を準備できること、利用可能な口座情報を準備できることが挙げられています。

利用方法および料金は、まず、出品するクリエイターについては、会員登録が無料ですが、販売登録料が月額315円かかります。また、閲覧・購入をするメンバーについては、作品へのコメント・購入を行う場合には無料の会員登録が必要となります。

対応機種は、スマートフォンおよびタブレット(全キャリア対応)、パソコンとなっています。

18_00-3 18_00-2
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。