体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】もうすぐ春なので恋がしたいでござる

モテたい_

「モテたい。モテて、女性とイチャイチャしたいッス。したいッス。」

気が付けば、そんな強い思いを口に出しているようになっていた山田記者です。今回は自分の崇高な欲望に従い、“ふれあい探し”へと向かいました。以下、そのレポートとなります。

いろいろ試してみる

灯台下暗し、と言う。まずは社内の女子勢に向かって声掛けしてみた。
「チョコなど要らぬ。うぬらの中に愛を差し出すものはおらんか!恋仲になろうぞ!」

オネガイ! 視線が痛い_

するとどうだろう。見た目は変わらないのに、社内の空気が一変した。怒気、とも呼べる空気がザクザクと皮膚に突き刺さる。危ない

社内の女子はダメか……。

致し方ない。次は男の寂しさを一番理解してくれそうな、肉感的な直属の上司にあたってみることにした。
女子とは少し違うかもしれないが柔らかそうだし、胸も若干ありそうだ。料理も得意だし包容力もあるし、女子力も高めだろう。

周二郎探検隊_

「周二郎さん、僕を強く抱きしめてください、愛をください……」

御願い_

僕の中ではもう、同性という壁は超えた。はずだった。しかし彼の理性というタガは外れることなく、結果、ものすごい顔で拒絶されただけだった。

猛烈拒否_

仕方がない。街に出よう。

外に出よう_

気が付くと、ふらふらといざなわれるように、新宿歌舞伎町の入口に立っていた。来てみたはいいが、記事にするのは色々な意味で難しそうだと感じた。

ダメー

一瞬、ここで心が折れかけたが、筆者持ち前の強引なポジティブさで見事乗り越えた。

1 2次のページ
すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。