ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDIとソフトバンク、シャープ製スマホ&タブレットでエコ技を利用するとSMSやメールが受信できない不具合があると案内

DATE:
  • ガジェット通信を≫


エコ技利用でSMSなどが受信できない不具合!
KDDおよびソフトバンクモバイルは、シャープ製スマートフォンおよびタブレットの一部機種に搭載されている省電力機能「エコ技」の設定によって、SMS(Cメール)が受信できない場合があることをお知らせしています。

両社では、今後、準備ができ次第ソフトウェア更新で不具合を解消するとしており、それまでは回避策を案内しています。なお、NTTドコモ向けのシャープ製スマートフォンおよびタブレットにおいては同不具合は起きないとのこと。

対象機種は、au by KDDI向けでは、IS13SH/IS14SH/INFOBAR C01/IS15SH/ISW16SH/IS17SH/SHL21/SHT21、ソフトバンクモバイル向けでは、101SH/102SH/102SH II/103SH/104SH/106SH/107SH/107SH B/200SHとなっています。

今回、公表された不具合は、対象機種で「エコ技」を利用した場合に、スリープ中などに通信を制限する「省エネ待受」の対象アプリに「メールアプリ」「SMSアプリ」(ともにau)、「メール」(ソフトバンク)を指定すると、スリープ中にSMSやS!メール通知、Eメールといったメールを受信できなくなるというもの。

機能としては、エコ技の目的通りの動作ではあるものの、SMSやメールなどのアプリを指定できてしまうため、場合によっては意図せずSMSなどを受信できない状況になってしまうとして、「省エネ待受」設定にメール関連アプリを指定しないという回避策を案内しています。

また、今後、ソフトウェア更新によってメール関連アプリを指定できないように修正する予定だということです。

なお、NTTドコモ向けのシャープ製モデルでは、当初からこれらの設定でメール関連アプリを指定できないようになっているため、同様の現象は起きないとしています。

なお、今回問題となった両社では、SMS(Cメール)をエコ技の設定によって受信できなかった場合に、再受信できないので注意が必要であることがアナウンスされています。Eメールについては再受信が可能。

◯KDDI

1. 事象の内容
「エコ技」設定にて「メールアプリ」や「SMSアプリ」を「対象アプリ」として、設定した場合、端末のスリープ中、SMS (Cメール) を受信できなくなります。

2. 対象機種
IS13SH/IS14SH/INFOBAR C01/IS15SH/ISW16SH/IS17SH/SHL21/SHT21

3. 回避手順について
「エコ技」の「省エネ待受け」に設定されている「制御するアプリ」から「メールアプリ」や「SMSアプリ」を解除する。

◯ソフトバンクモバイル

1. 発生事象
省エネ待受設定において「メール」アプリを動作制限対象に設定した場合、SMS、S!メール通知を受信できない事象が確認されています。
※「災害用伝言板」「ボイスメッセージ」などを動作制限対象に設定した場合も、当該サービスの通知を受信できません。

2. 対象機種
101SH/102SH/102SHⅡ/103SH/104SH/106SH/107SH/107SH B/200SH

3.回避方法
[省エネ待受]に設定されている「メール」アプリを動作制限対象から解除する。
機種別の回避方法は下記になります。

記事執筆:

(http://news.livedoor.com/article/detail/7421312/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP