ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

強化試合で敗戦、田中将大にノムさんは「お前の真っ直ぐはプロじゃダメ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

17日、WBC日本代表=侍ジャパンが初の実戦として、広島カープとの強化試合に臨んだ。しかし、周囲の期待とは裏腹に、投打に精彩を欠いた侍ジャパンは、先発の田中将大(楽天)が初回から2失点を喫し、打線も沈黙。広島選手にとっては不利になるはずのWBC球での試合は、0-7で広島の勝利となった。

同日放送、TBS「S1」では、野球解説者・野村克也氏が、愛弟子・田中の投球を分析。「今のところ、しょうがないんですけど・・・」と前置きした野村氏は、「マウンド内別居」というフリップを掲げ、「ピッチャーとキャッチャーは夫婦じゃないですか。(今日の試合では)合ってないんですよ」と切り出した。

キャッチャーを務めた阿部慎之助(巨人)との連携について、「特にキャッチャーはピッチャーのいいところを引き出す。マー君もちょっとね、お前の真っ直ぐはプロじゃダメだって散々言ってるんだよ」と厳しく言い放った野村氏。

この発言には、番組出演陣も驚きを隠せなかったが、野村氏は、「ストレートは見せ球にスライダー、フォークでストライクを取る。打たれてるのは全部ストレート。お前のストレートは、ストライクゾーンに投げるとやられる。それがプロだ。真っ直ぐの使い方は、すごいポイントになる」と説明を補足。今後の課題については、「沢山実戦を積んだほうがいい」と語った。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7421286/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP