体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高品質なNEC公認再生PC  リフレッシュPCの再生現場を見てきた【デジ通】

NECパーソナルコンピューターは、自社の製品を買取ってリフレッシュし中古品として再出荷する「NEC Refreshed PC(リフレッシュPC)」という事業を手がけている。

秋葉のPC系の量販店やパーツショップでもユーザーから製品を買い取り販売する中古PC事業を行っている。こうした業者に比べてNECのリフレッシュPCは、自らが製造・販売した製品を買い取って再生する事業のため、品質や保証内容が別の業者の中古製品と異なり、かなり高いレベルになっているのが特徴だ。

このリフレッシュPC事業を開始して、今年で10周年となる。その節目としてリフレッシュPCの再生現場をマスコミ向けに公開した。また、Windows 8モデルの買取りや再生が開始されている。

NEC製品の修理は、同社の群馬事業所などで行っているが、この事業所内にリフレッシュPCの再生現場がある。ユーザーから買取り依頼のあった製品は宅配業者などによる引き取り後、この再生現場へ運ばれる。運ばれた製品は下取りのための見積もりを行い、ユーザーが買い取り価格などに納得すれば、取引は成立、その製品をリフレッシュPCとして再生することになる。

再生は新品で販売したときと同様の状態に戻すもので、OSやOfficeソフトなど各種プリインストールなども販売当時の状態になる。そのため、Windows 7モデルで、Office 2010プリイントールモデルとして出荷された製品なら、その当時の状態で再生される。新しく再生された製品でも、現在の最新OSやソフトなどにアップデートして出荷されることがない点には注意が必要だ。

高品質なNEC公認再生PC  リフレッシュPCの再生現場を見てきた【デジ通】HDDのフォーマットなどを行う 高品質なNEC公認再生PC  リフレッシュPCの再生現場を見てきた【デジ通】フォーマット後のHDDは市販ソフトでも復活できない状態に

ユーザーから買い取った製品のHDDは初期化されるが、3回上書きによる消去を行うため、再生後もデータ復旧ソフトなどでデータを取り出すようなことは不可能だ。その後、OSの再インストールや譲渡可能なプリインストールソフトのインストール、各種クリーニングなどを行い、専用の箱に入れた後、販売店に出荷される。

高品質なNEC公認再生PC  リフレッシュPCの再生現場を見てきた【デジ通】人体に害のない薬品で清掃されると黄ばみも消える 高品質なNEC公認再生PC  リフレッシュPCの再生現場を見てきた【デジ通】出荷準備中の再生品 高品質なNEC公認再生PC  リフレッシュPCの再生現場を見てきた【デジ通】専用の箱に入れた再生品はまるで新品のようだ

この事業は製造・販売したNEC自身が製品を買い取るため、使用している部品はNECがすべて把握しており、ほぼ新品と同等の状態にまでリフレッシュできる。純正パーツを使って交換されるため不具合も発生しない。もし発生した場合は対策品と交換されるので、さらに信頼度がアップする。

純正パーツの搭載が買取りの原則なため、購入時よりも大容量のHDDに交換していたり、メモリーを増設しているような場合は、性能が上がっていたとしても買い取り自体が不可能となるそうだ。

買い取りも部品の保有期間の関係から販売してから5年半までに限られていることから、再生された製品自体も比較的新しい物が多い。2013年1月の実績で、6割ほどが出荷後2年以内の物だという。ここで再生された製品はNEC Refreshd PCマーク付きで全国の販売店に出荷されている。

買い取り価格などはNECの製品情報サイト121wareに掲載されている。もし使っていたNEC製PCの買取りを目指すのであれば、純正パーツだけの状態に戻してからということに注意しよう。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy