ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

勝ったら100万円! niconicoで「第2回将棋電王戦」開催記念イベント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

株式会社ドワンゴおよび株式会社ニワンゴが運営する日本最大級の動画サービス「niconico」は、3月23日(土)から始まる「第2回将棋電王戦」の開催を記念したプレイベントとして、2月24日(日)から3月10日(日)までの毎週末(土日)の都合5回、世界最強コンピュータ将棋「GPS将棋」との対局イベントをニコニコ本社で実施する。

本イベントでは、第22回世界コンピュータ将棋選手権の王者で、第2回将棋電王戦にも出場するGPS将棋に、プロ棋士・女流棋士・奨励会員以外の人であれば誰でも無料で挑戦することができるイベントで、もしコンピュータに勝つことができたら、賞金100万円を獲得できる。

勝ったら100万円! niconicoで「第2回将棋電王戦」開催記念イベント

■世界最強の将棋プログラムGPS将棋とは?
対戦相手のGPS将棋とは東京大学大学院総合文化研究科のゲーム・プログラミング・セミナー(Game Programming Seminar:文字の頭を取ってGPS)に関わる教員と学生たちが中心となって開発されたクラスタ型のプログラムだ。

疎結合並列探索システムを採用しており複数台のPCを接続して将棋の先読みを行っている。2012年5月5日に開催された「第22回世界コンピュータ将棋選手権」では、788台のiMacと9台のDebianマシンでクラスタリングを構成、1秒間に約2億8000万手を読むというとてつもない先読み性能でライバルを倒し見事優勝に輝いた。

ちなみにクラスタリングのマシンは、一般学生も使用する駒場キャンパス情報教育棟に設置されたiMacとAmazon EC2などを併用し大会に参加している。今回の電王戦では、670台のPCに接続し4月20日に「第2回将棋電王戦」の第5局で三浦弘行八段に挑むことになっている。

■イベントおよび生放送番組概要
・番組名:人類vs最強将棋ソフト
~勝てたら100万円!ニコニコ本社で誰でもトライアルマッチ~

・日時:2013年2月24日(日)から3月10日(日)までの間で以下の日程
2月24日(日)、3月2日(土)、3月3日(日)、3月9日(土)、3月10日(日)
・時間:11時~18時

・場所:ニコニコ本社(東京都渋谷区神宮前1-15-2):http://nicohonsha.jp/access
※日によって1F・2Fと場所が異なるため、お近くのスタッフにお尋ねください。

・対戦相手:GPS将棋(PC1台で駆動)
・参加資格:誰でも参加可(無料/先着順)

※プロ棋士・女流棋士・奨励会員は不可

■対局ルール
1)対局相手はGPS将棋(PC1台で駆動)
2)持ち時間15分。持ち時間終了以降は30秒将棋
3)千日手は指しなおし
4)挑戦者が先手
5)挑戦者は1局づつ順番に対局
6)挑戦者がGPS将棋に勝利したら100万円を贈呈
7)あくまで挑戦者の実力勝負となります。

※対局中の電話やコンピュータの持ち込み等はご遠慮ください。

■生放送番組URL
・2月24日(日):http://live.nicovideo.jp/watch/lv126207314
・3月2日(土) :http://live.nicovideo.jp/watch/lv126209264
・3月3日(日) :http://live.nicovideo.jp/watch/lv126209433
・3月9日(土) :http://live.nicovideo.jp/watch/lv126209651
・3月10日(日):http://live.nicovideo.jp/watch/lv126209789

人類vs.最強将棋ソフト~勝てたら100万円!ニコニコ本社で誰でもトライアルマッチ~
将棋電王戦公式サイト
niconico
GPS将棋公式サイト「GPSshogi」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

高品質なNEC公認再生PC  リフレッシュPCの再生現場を見てきた【デジ通】
Firefoxでピン留めしたタブを他のタブと区別する【知っ得!虎の巻】
iPhone動画は迫力の大画面で!iPad mini 徹底活用術

(http://news.livedoor.com/article/detail/7421321/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。