ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ベルセルク』等身大ゾッドに岩永・櫻井・行成が驚き! 「ガッツはよくこんな化け物と戦っていたな」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


長大なる原作の世界観全てを映像化する≪ベルセルク・サーガプロジェクト≫。ファンの間で最も人気が高く、最もドラマチックな展開を見せる“黄金時代篇”三部作の完結編『ベルセルク 黄金時代篇3 降臨』が2月1日より全国公開されています。2月15日からは大阪・梅田のブルク7のロビーにて、「ベルセルク 黄金時代篇」展が開催中。16日にはメインキャストの岩永洋昭さん、櫻井孝宏さん、行成とあさんがトークショーを行いました。

「ベルセルク 黄金時代篇」展は、映画『ベルセルク』の背景美術や設定画、そして貴重な原画、実物大ゾッドや実物大ドラゴンころしなど、世界感を堪能できるもの。特に、実物大ゾッドはインパクト大。ガッツを演じた岩永さんは「ガッツはよくこんな化け物と戦っていたなと思います。僕だったら逃げているでしょう」とポツリ。行成さんも「こんなに大きいものとは思いませんでした。イベント前に写真を撮りましたが、対比がないと大きさがわかりませんね」とその大きさに驚いていました。

櫻井さんは「ゾッド役の三宅健太も一緒に大阪に来たいと言っていたが、前乗りしていたんですね、会えてよかったなと思いました(笑)」と会場は笑いに包まれました。

黄金時代篇3部作を振り返ってについては、岩永さんは「原作を知っている友達は映画を喜んでくれている。原作を知らない人がこの“蝕”を目の当たりにしたらどんな反応なのか、見てみたいです」と、原作発表当時、あまりの恐怖と絶望により話題となった、鷹の団の壊滅シーンについてコメント。

行成さんの友人は実際に原作を知らない人だったらしく、「ベルセルクを知らない友達は、映画を見た後、怖くて眠れなかったようです。すごい衝撃だったようです」と話しました。

また、櫻井さんは、「僕らは世代的にドンピシャなので、同業者からは『この先は続くのか、そうならば自分もこの役で参加したい』など話題になっています」と話し、今後の展開に期待。集まったベルセルクファンを盛り上げました。「ベルセルク 黄金時代篇」展は3月15日まで大阪・梅田ブルク7ロビーにて開催中。


『ベルセルク 黄金時代篇3 降臨』
http://www.berserkfilm.com/

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS.

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP