ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しいオフショア開発のかたちを提供!エボラブルアジア 大山社長が戦略を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラボ型開発でリスクを回避!エボラブルアジア、オフショア開発セミナー&説明会レポ』で紹介したように、エボラブルアジアは企業及びプレス関係者向けに「オフショア開発セミナー&事業説明会」を開催した。

従来のオフショア開発は、エンジニアが自宅で作業を行う受託型開発だったため、クライアントの希望が十分に反映されず、苦労することが多かった。

それに対して、エボラブルアジアのラボ型開発では、エンジニアに同社のオフィスへ来てもらい、クライアントのエンジニアが常駐で開発を指示する。これにより開発コストも安く、思い通りに開発ができるというものだ。

そんな同社の事業展開について、エボラブルアジア 代表取締役 大山 智弘 氏に直接、コメントを頂戴することができたので紹介しよう。

■2年目で300名の規模を目指す – エボラブルジャパン 大山社長
エボラブルアジア 代表取締役 大山 智弘 氏は、
「ベトナムのホウチミンでオフショア開発、それからオフショアBPOの事業を行っております。…」と、自社のオフショア開発やBPO事業について語っていただいた。

続きは、動画を参照のこと。

※ニコニコ動画はこちら
※Youtube動画はこちら

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

エボラブルアジア

外部サイト

ラインアップ数の多さが自慢 ASUS製タブレットのラインアップを一挙紹介
意外と多いタブレットでも使える機器 強化関連グッズを使ってより便利にタブレットを活用しよう!
忙しいIT戦士にもってこい!オシャレを磨ける『メンズファッションプラス』の魅力

(http://news.livedoor.com/article/detail/7419529/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP