ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青木裕子アナ 2年前に「月の手取りが20万円」と知人に嘆いた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本テレビの石田エレーヌアナ(30)の推定年収900万円。本人は「給料は社員ADと同じなので気持ちは分かる」と訴えたというが、日テレに次いで収入が低いとされるのが、TBSだ。

 人件費を抑えるため、30代前半以下の世代は上の世代とは別の会社に所属。基本給で3割程度低くなっているという。

「昨年末にフリーになった青木裕子アナ(30)は2年ほど前に“月の手取りが20万円ぐらいのことがある”と嘆いていました。

 人気番組の『サンデー・ジャポン』があっても、ほぼ残業代がつかなかったらしい。当時は1人暮らしの家賃を払うのがやっとで、“食事は自炊をするか、おごってもらうしかない”といっていた」(親しい知人)

 現在、TBSで人気ナンバーワンの田中みな実アナ(26)やレギュラー数の多い枡田絵理奈アナ(27)にしても年収900万円がやっとというのが実態のようだ。

 これじゃあ人気タレントやスポーツ選手と付き合いたがるのも当然か。

※週刊ポスト2013年3月1日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日テレ『NEWS ZERO』 山岸舞彩アナ抜擢でほぼ決まりとの声
30代と高齢者の社会保障費 生涯格差は1人あたり6000万円
青木裕子、有働由美子らぶっちゃけキャラが女子アナトレンド

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP