体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画も音楽もおまかせ!ソフトバンク × avexの新サービス「UULA(ウーラ)」を使ってみた【レビュー】

ミュージックビデオと映画が490円で見放題!
2月14日よりサービス開始となったソフトバンク スマートフォン向け総合エンターテイメントアプリケーション「UULA(ウーラ)」。

同社は既にAndroid端末向けの映画・ドラマの動画配信サービス「ムービーLIFE」や「ビデオストア」サービスを行っているが、UULAはミュージッククリップにも力を入れており、サービスの方向性が違う。対応端末もAndroid端末以外にiPhoneやセルラー版のiPadにも対応する。また、ビデオストアに関しては2013年2月28日でサービス終了とアナウンスされている。

今回はこの月額490円(税込)のUULAのサービスを実際に使ってみたレポートをお届けしたいと思う。

■分かりづらいID
UULAの申し込みは、“ソフトバンクショップでの申し込み”と、“webサイトでの申し込み”の2種類が用意されている。また、2013年4月末までに店頭で端末新規購入・機種変更と同時に加入すると1週間のお試し期間が設けられる。

今回はwebサイトからの申し込みを行ったのだが、ID取得の第一関門はどのIDで登録すれば良いのかが分かりづらい点だ。

01

FacebookやTwitterアカウントで新規登録した場合のメリット・デメリットの説明もなく、いきなり途方に暮れてしまった。そこで支払い方法の一つであるYahoo!ウォレット決済をするために、Yahoo!のIDで登録してみることにした。ちなみにYahoo!ウォレット以外の支払い方法は、クレジットカード決済(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners Club)、プリペイドによる支払がある。

02

無事に登録完了し、Yahoo!ウォレットによる見放題プランの登録も完了した。

■サービス開始

03

UULAのトップページには、オススメコンテンツ集となるUULA PICK UPとMUSIC、MOVIEそれぞれのトップ20があり、あれこれ探さずともアタリのコンテンツにたどり着けるようになっている。

04

UULAの特徴の一つである、ミュージックビデオの連続再生機能を利用したプレイリスト集を利用すると、音楽専門チャンネルのような使い方ができる。音楽との出会いのきっかけとしてこの機能は便利だと感じた。

内容的にはドコモのdビデオ・bee TVと被るものがあり、古い動画の画質もそれに準拠するような低画質となる点が気になった。

05

気に入ったミュージックビデオのアドレスをSNSに共有できる機能があるのだが、ここでTwitterやFacebookのアカウントと紐付けることで利用可能となる。共有されたアドレスは、UULAアプリ内のリンクとなるためUULAユーザー以外にはあまり意味はなさそうだ。また、ここで紐付けしたSNSアカウントは、ログインアカウントしても認証可能となる。

冒頭で迷ったID取得部分はそれぞれに何かメリットがあるわけではなく、あくまで入り口としてのIDでしかない。検証はしていないが、TwitterアカウントでID取得した人がYahoo!ウォレット決済をしたいと思ったら、Yahoo!IDでログインする必要があり、そこでアカウントが紐付けされるのだろう。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。