体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマートフォンやタブレットで使える!「Microsoft Wedge Mobile Keyboard」のアメリカ英語版を買ってみた【コラム】


スマホやタブレットにもピッタリです!
現在販売されているほぼ全てのスマートフォン・タブレットには「Bluetooth」機能が付いています。これは、周辺機器を無線でつなぐための統一規格で、さまざまなメーカーから対応するキーボード、マウス、イヤホンマイクなどが発売されています。

スマートフォンやタブレットでキーボードを使う、ということについては、先日、2106bpm氏もレビューしていますが、こちらはマイクロUSB接続のもの。今回、私は、「Microsoft Wedge Mobile Keyboard」というBluetoothキーボードについて書いていこうと思います。ただし、日本で正規販売されている日本語(JIS)配列のものではなく、東京・秋葉原のモバイルショップ「JAN-GLE」が平行輸入したアメリカ英語(ASCII)配列のものです。

何故、わざわざアメリカ英語配列のものを選んだのか。その理由も含めて写真つきでレビュー風のコラムとして書いていきます。

スマートフォンやタブレットで使える!「Microsoft Wedge Mobile Keyboard」のアメリカ英語版を買ってみた【コラム】

Bluetooth 3.0に準拠し、世にあるほとんどのスマホ・タブレットで使えます

スマートフォンやタブレットで使える!「Microsoft Wedge Mobile Keyboard」のアメリカ英語版を買ってみた【コラム】

パッケージにはWindows 8 Compatible、Mac、Androidの各ロゴ
Wedge Mobile KeyboardはBluetooth 3.0に準拠しています。そのため、世に出ているほとんどのスマホ・タブレットで使うことができます。パッケージにはWindows 8パソコン・タブレットで互換性を持つことを示す「Windows 8 Compatible」ロゴがあるのは、Microsoft製品だから当たり前だとしても、Macで互換性を持つことを示すMacロゴ、そして、Android端末で使えることを示すドロイド君まであります。

Wedge Mobile Keyboardは、Windows 7・8またはMac OS X 10.6(Snow Leopard)・10.7(Lion)が稼働するパソコンと、Windows・iOS・Androidが稼働するスマホ・タブレットでの動作をサポートしています。もちろん、パソコン・スマホ・タブレットいずれもBluetoothを搭載している必要があります。

パソコンの場合、Bluetoothが無ければ安くて1000円台からUSB接続のアダプター(ドングル)が売っているので、必要に応じて別途購入しましょう。ちなみに、筆者の私物パソコンは全てBluetooth内蔵ですし、フィーチャーフォンも全てBluetoothを搭載しています。“Bluetooth沼”にはまってますね。ええ。

WMK-5

箱を開けるとキーボードがお出まし

スマートフォンやタブレットで使える!「Microsoft Wedge Mobile Keyboard」のアメリカ英語版を買ってみた【コラム】

スマホ・タブレットでの利用を考えたアメリカ英語配列です
キーの刻印はWindows 8に最適化されていますが、メディアコントロールキーはほかのOSでも普通に使うことができます。スマホに手を伸ばさなくても音量調整できるのは便利です。通常のファンクションキーはFnキーと組み合わせることで入力できます。

日本国内で正規購入できるWedge Keyboardは、先述の通り、日本語配列です。何故、わざわざ保証の面で不利な上に価格も高めな並行輸入のアメリカ英語配列のものを買ったのか。それは、スマホ・タブレットでのトラブルを避けるためです。Android 4.0までを搭載するスマホ・タブレットでは、外部キーボードとしてアメリカ英語配列のものしか想定していないんですよね。そのような場合、日本語配列のものを使うと、記号入力で特に困るんです…。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。