体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラインアップ数の多さが自慢 ASUS製タブレットのラインアップを一挙紹介

AndroidやWindows 8、Windows RTを搭載するタブレットを意欲的にリリースしているメーカーがASUSことASUSTeK Computerだ。Wi-Fiモデルが多いが、3G対応のモデルはSIMフリー端末になっていたりと、キャリアに縛られない自由度がうれしかったりする。また、ノートPCと代替えが狙えるキーボードドッグとの組み合わせモデルが多数用意されている点も特徴だ。ということでASUSのタブレット記事で2012年と2013年をまとめたので参考にしてほしい。

SIMフリースマホと10インチタブレット!2つのスタイルを自在に使える「PadFone 2」 -ASUS 2013モデル-
ラインアップ数の多さが自慢 ASUS製タブレットのラインアップを一挙紹介昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。今や世界を代表するPCメーカーでもある台湾のASUSは、OSにAndroidやWindows 8を搭載し、既存のノートPCからタブレット、キーボードドックとドッキングしてタブレットとしてもノートPCスタイルとしても利用できる、多種多様なモデルを市場に送り出している。そこで、当ブログメディアITライフハックで、ASUSから発売されている最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。今回は、SIMフリー対応のスマートフォン利用のほかに同梱のタブレット型のStationに装着することで、10.1インチタブレットとしても活用できるユニークな製品「PadFone 2」を紹介しよう。

実売5万円台でWindows 8をフル活用できる!ビジネスに使える「ASUS VivoTab Smart ME400C」 -ASUS 2013モデル-
ラインアップ数の多さが自慢 ASUS製タブレットのラインアップを一挙紹介昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。今や世界を代表するPCメーカーでもある台湾のASUSは、OSにAndroidやWindows 8を搭載し、既存のノートPCからタブレット、キーボードドックとドッキングしてタブレットとしてもノートPCスタイルとしても利用できる、多種多様なモデルを市場に送り出している。そこで、当ブログメディアITライフハックで、ASUSから発売されている最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。今回は、インテルのAtomプロセッサーを搭載した10.1インチWindows 8タブレット「ASUS VivoTab Smart ME400C」を紹介しよう。

ビジネスシーンでも活用できる!10.1インチスライドキーボード搭載タブレット 「Eee Pad Slider SL101」 -ASUS 2011~2012モデル-
ラインアップ数の多さが自慢 ASUS製タブレットのラインアップを一挙紹介2012年は、ドコモが異例の秋モデルを発表するなどタブレット元年と言える拡大をみせている。台湾のPCメーカーでもあるASUSからはOSにAndroidを搭載した通常のタブレットとしてもキーボードドックとドッキングしてノート型としても利用できるモデルが多数発売されており、魅力ある製品が増えてきた。そこで、当ブログメディアITライフハックで、ASUSから発売されているキーボード搭載の最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。今回は、スライド式キーボードを搭載した10.1インチタブレットEee Pad Slider SL101を紹介しよう。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。