ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝「REGZA Tablet AT501」と富士通「ARROWS Tab Wi-Fi FAR70B」が発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝、富士通のAndroidタブレット新モデル「REGZA Tablet AT501」、「ARROWS Tab Wi-Fi FAR70B」が昨日2月15日に発売されました。REGZA Tablet AT501の価格は44,800円。ARROWS Tab Wi-Fi FAR70Bの価格は74,800円(富士通の直販サイトでは8%引きのオンラインクーポン適用で68,816円で購入できます)。REGZA Tablet AT501は、10.1インチ1,280×800ピクセルのIPS液晶とTegra 3 1.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載したタブレット。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)が採用されており、レグザリンクシェアでレグザテレビやブルーレイレコーダーの録画番組をワイヤレスで視聴できるテレビ連携機能を搭載したところが特徴です。ARROWS Tab Wi-Fi FAR70Bは、10.1インチ1,920×1,200(WUXGA)のIPS液晶と1.7GHz駆動のNIVIDA Tegra 3クアッドコアプロセッサを搭載した防水・防塵対応タブレット。10,080mAhの大容量バッテリーを備えながらも、厚さ9.9mm、質量589gと本体は比較的軽量でスリムに仕上がっています。Source : 東芝ダイレクト富士通Webmart



(juggly.cn)記事関連リンク
拡張機能で内容をカスタマイズできるAndroid 4.2のロック画面ウィジェットアプリ「DashClock」が公開中
GoogleがNexusデバイスやChromebookなどを販売する直営店を米国でオープンさせる計画との噂
SkypeのAndroidアプリにビデオメッセージ機能が追加される見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP